1. トラベルガイド
  2. どこに行く?
  3. イベントスケジュール
  4. 目的地を探す
  5. 目的地マップ
  1. Air France
  2. お客さまのアカウント
  3. <div>ご予約</div>
  4. チェックイン
  5. お問い合わせ
  1. France - French
トラベルノートに記事を追加、または選択を取り消すには、こちらをクリックしてください。

ストラスブールでの祝祭日・イベントカレンダー

ストラスブールでは毎年、多数の祭典が催されます。主な年中行事は以下のとおりです

1月1日: 元日(全国)

2月14日: バレンタインデー(全国)

フランスでは、バレンタインデーは恋人たちの日です。カップルはこの日に愛の証としてやさしい言葉やプレゼントを交わし合ったり、情熱のシンボルである赤いバラを贈ったりします。またこの日はレストランやカフェが満杯になります。

5月1日: 労働の日(全国)

毎年5月1日に、親しい人にスズランを一茎プレゼントするのが習慣です。この日には、多数のスズラン売りが路上に店を出します。

7月14日: 革命記念日(全国)

絶対王政の廃止を印した1789年のバスティーユ襲撃と、特権社会の終焉の双方を祝います。ストラスブールでは毎年この日の祝祭に、マレシャル・ド・ラトル・ド・タシニ広場で大ダンスパーティーが催され、ハイライトにはエトワール公園から壮観な花火が打ち上げられます。

8月15日: 聖母の被昇天(全国)

この祝典はストラスブールでは今でも民間に根付いており、数多くの宗教行事が行われます。

9月の第3週末: ヨーロッパ文化遺産の日(全国)

「ヨーロッパ文化遺産の日」は、従来大衆が見学できない場所を開放することを目的としています。公共および私設建築物、美術館・博物館など、ストラスブールでは毎年、50近くの組織がこのイベントに参加します。

11月~12月: クリスマス市(現地)

ストラスブールの「Christkindelsmärik(幼児キリスト市)」はこの街に欠かせない行事となりました。5世紀近く以前より、このクリスマス市はストラスブールのブログリー広場で開かれます。このクリスマス市はフランスで最も古く、美しさではヨーロッパで指折りの地位を誇ります。

12月6日: 聖ニコラスの日(現地)

聖ニコラスの日はフランスの東部の祝祭です。子供たちにとってこの日は、聖ニコラスと鞭打ちじいさんに会いに行く日です。聖ニコラスが子供たちにマナラ(人の形をした小型のミルクパン)やその他のお菓子(チョコレート、スパイスパン)を配る間に、鞭打ちじいさんは悪さをした子供たちをやさしく叱ります。

12月25日: クリスマス(全国)

トラベルノートに記事を追加、または選択を取り消すには、こちらをクリックしてください。

ストラスブールでの気候・天気予報

ストラスブールは大陸性気候を特色とします。冬季(12月~3月)は非常に寒く、夏季(6月~9月)は非常に暑くなります。異なる季節間には大きな温度差があります。冬季を通してよく雪が降ります。夏季にはよく雷雨も見られます。

平均最低気温(°C) 平均最高気温(°C) 平均降水量(MM) ベストシーズン情報
1月 -1 4 32 旅行に最適でないシーズン
2月 -1 6 34 旅行に最適でないシーズン
3月 2 11 43 旅行に最適でないシーズン
4月 5 16 46 旅行に最適でないシーズン
5月 10 20 82 旅行に適したシーズン 旅行に適したシーズン
6月 13 23 72 旅行に適したシーズン 旅行に適したシーズン
7月 15 26 73 旅行に適したシーズン 旅行に適したシーズン
8月 14 25 61 旅行に適したシーズン 旅行に適したシーズン
9月 11 21 63 旅行に適したシーズン 旅行に適したシーズン
10月 7 15 61 旅行に最適でないシーズン
11月 3 9 47 旅行に最適でないシーズン
12月 0 5 50 旅行に適したシーズン 旅行に適したシーズン
トラベルノートに記事を追加、または選択を取り消すには、こちらをクリックしてください。

ストラスブール・エンツハイム国際空港

ストラスブール・エンツハイム国際空港は、ストラスブールの南西12kmに位置しています。

  • ターミナル1棟

ストラスブール市内に行き空港に帰るには:
  • 自動車
    • 高速道路A35よりD400(県道400号)を利用。ストラスブール市内方面へ、所要時間約15分。
    • 複数の駐車場が利用可能です:
      • P1 (ドロップオフエリア)最初の15分間無料。
      • P2 (Proxi 駐車場)30分につき4EUR。
      • P3 (Confort 駐車場)30分につき4.50EUR。
      • P4 (旅行会社用)チャーター機の乗客は無料、その他は7日間で50EUR。
      • P5 (長期用駐車場)7日間で39EUR。
    • 空港にはレンタカーの営業所が複数入っています。
  • 電車
    • ストラスブール駅までシャトル列車、ラッシュアワーには毎時4本、所要時間9分、料金2.60EUR。
  • タクシー
    • タクシーは空港で利用可能、市内中心まで35EURより。
  • 各種サービス: バー、レストラン、ブティック、薬局、外貨両替、郵便局など。
  • 電話番号:+33 (0)3 88 64 67 67
  • ウェブサイト: www.strasbourg.aeroport.fr/en

トラベルノートに記事を追加、または選択を取り消すには、こちらをクリックしてください。

ストラスブールでの移動手段

ストラスブールは市の中心部が比較的小規模な街です。このため市内の移動は徒歩や自転車でも可能です。公共交通手段は多数で非常に効率的です。

バス&路面電車

ストラスブールの市内および周辺部では、公共交通網が非常に発達しています。市の主要方面には30以上のバス路線と路面電車6線が運行しています。路面電車はストラスブールだけでなく、シルティグアイム、オストヴァルド、ビシャイムなど、隣接する複数の市町村も結んでいます。

料金:

  • 一回乗車券1.60EUR
  • 10回利用の回数券9.60EUR
  • 1名用24時間券4.30EUR
  • 3名用24時間トリオ券6.40EUR

乗車券はストラスブールおよびケールの Eurométropole に有効です。

徒歩

ストラスブール市内の歴史的中心地は、徒歩での観光にも最適です。「Petite France」やストラスブールのノートルダム大聖堂周辺を徒歩で訪れるのも楽しい時間です!

自転車

600km近いサイクリング道を備えたストラスブールは、サイクリングに関してフランスで指折りのネットワークを提供しています!市内各所に多数の自転車ステーションを設置しています。

セルフサービス式自転車サービス「Vélhop」により、自転車レンタルをストラスブールの街中の移動に利用することも可能です。
Vélhop 料金:

  • 1時間につき1EUR
  • 1日で6EUR
  • 7日で18EUR

実用情報: スポーツにそれほど自信のない方には、Vélhop では「Vélhop à Assistance Electrique(VAE、電気自転車)」もご提案しています。レンタルは1日につき10EUR、1週間で40EUR。

トラベルノートに記事を追加、または選択を取り消すには、こちらをクリックしてください。

観光情報

ストラスブールにご到着次第、情報収集とご滞在の手配のため、観光の専門家にお問い合わせください。

観光案内所

実用情報および有益なアドバイス(宿泊、レストラン、交通、祭典、文化イベントなど)

  • 所在地: 17 place de la Cathédrale - 67082 Strasbourg Cedex
  • 電話番号: +33 (0)3 88 52 28 28
  • ウェブサイト: www.otstrasbourg.fr/en

トラベルノートに記事を追加、または選択を取り消すには、こちらをクリックしてください。

通貨およびレート

フランスの通貨はユーロ(EUR)です。

JPY1 = €0.01

€1 = JPY100

以下の換算レートは変動するため、あくまで目安としてご利用ください。

トラベルノートに記事を追加、または選択を取り消すには、こちらをクリックしてください。

健康情報

ストラスブール市内には複数の病院およびクリニックがあり、多数の医師や医療専門家がそろっています。

予防接種

フランスに入国する際に義務付けられた予防接種はありません。

詳細は、centre de vaccinations internationales Air France にお問い合わせください:

食品安全

食品安全に関するリスクは特にありません。国家の管轄部署が、衛生に関する適正な慣行の順守を監督し、夏季に環境客が特に多い場所では、検査を強化しています。

ストラスブールでは水道水を飲料水として利用できます。

トラベルノートに記事を追加、または選択を取り消すには、こちらをクリックしてください。

行政手続き

フランスに入国するための条件

一般に、フランスへの入国にはビザが必要です。短期滞在(90日)ビザを免除されている外国国籍は以下のとおりです:

  • 欧州連合内および欧州経済領域内の国民、およびスイスの国民。
  • その他一部の国の国民。

90日を超える場合、長期滞在ビザが義務付けられています。

その他の国々からの旅行者にはビザが義務付けられています。ビザはご出発前に、お住まいの国のフランス大使館または領事館でご申請ください。

詳細は、フランス外務省のウェブサイトをご覧ください:www.diplomatie.gouv.fr

トラベルノートに記事を追加、または選択を取り消すには、こちらをクリックしてください。

便利なアドレス

在フランス外国大使館・領事館

在フランス外国代表団一覧

お住まいの国の大使館または領事館の連絡先は、外務省が公開している一覧をご覧ください:www.diplomatie.gouv.fr

旅行者へのアドバイスフランスで安心してご旅行いただくために、お住まいの国の外務省の提供情報および推奨事項をご覧ください。

トラベルノートに記事を追加、または選択を取り消すには、こちらをクリックしてください。

便利なフレーズ

以下はストラスブール滞在時に知っておくと便利なフランス語のフレーズです。

おはよう / こんにちは : Bonjour

こんばんは : Bonsoir

さようなら : Au revoir

はい : Oui

いいえ : Non

いいえ、結構です : Non, merci

ありがとうございます : Merci beaucoup

わかりません : Je ne comprends pas

もう一度言ってください : Pouvez-vous répéter ?

お願いします : S'il vous plaît

何時ですか? : Quelle heure est-il ?

すみません : Excusez-moi

空港 : Aéroport

駅 : Gare

タクシー : Taxi

ホテル : Hôtel

病院 : Hôpital

銀行 : Banque

電話 : Téléphone

私は(...)です : Je suis (...)

(...)を探しています : Je recherche (...)

(...)はいくらですか? : Quel est le prix de (...) ?

(…) がありますか?: Avez-vous (...) ?

(…) はどこにありますか?: Où puis-je trouver (...) ?

(…) はどこで買えますか?: Où puis-je acheter (...) ?

(…) ください : Je voudrais (...)

トラベルノートに記事を追加、または選択を取り消すには、こちらをクリックしてください。

実用情報

+33
+ 通話先番号(ストラスブールまでのコール)
-7 : 00
XXとの時差:
東京
夏時間は3月最後の日曜日から
冬時間は10月最後の日曜日から

銀行 一般に月曜~金曜 9時~17時の営業
役所 一般に窓口受付は月曜~金曜 9時~12時30分および14時30分~17時
230 V / 50 Hz

チップについて

ストラスブールでは、フランス全土と同じく、「サービス」は価格に含まれます。それでもおもてなしが良いと思われたとき、追加の数ユーロをテーブルに残していただけます。ただしこれは義務ではなく、チップを残さなかった場合でも、何らのおとがめもありません。

エールフランス航空がご案内します...