1. トラベルガイド
  2. どこに行く?
  3. イベントスケジュール
  4. 目的地を探す
  5. 目的地マップ
  1. Air France
  2. お客さまのアカウント
  3. <div>ご予約</div>
  4. チェックイン
  5. お問い合わせ
  1. France - French

クリエイティブな都市、ナント

豊かな暮らしと歴史、活気ある都市のリストの上位にあるアルモニカ(7世紀までのブルターニュの旧称)の都市、ナントは常に新しい観光客を魅了し驚かせ続けます。

かつてはフランスの重要港であった「西のベニス」はのちに、観光の街そして歴史と騒乱の街となりました。活気のある大学都市、想像力に開かれた文化の中心・舞台であるナントは都市空間に新しい解釈を与える新タイプの建築プロジェクトによっても注目されています。また、港沿いの旧造船所エリアにあるイノベーションと交流の苗床、イル・ド・ラ・クレアッション(創造の島)など、文化が摩擦しあう場でもあります。このブルターニュ大公の旧領地は15年くらい前より大きな変遷を遂げています。

今日、ナントは観光客を喜ばせる巨大象と素晴らしい機械仕掛けのアトラクションの中心地となっています。観光客は機械仕掛けの動くモニュメントとここにしかない体験をするためにやって来るのです。中心街には修復されたばかりのパッサージュ・ポムレ、見事なクール・カンブロンヌ、自然史博物館、グラスラン劇場、伝説的存在のブラッスリー、ラ・シガールなどがあり、この大首都圏の豊かさを理解し、歴史的財宝を堪能する良い機会です。

市内はトラムウェイの交通網が発達しており、車よりも徒歩での観光が簡単でおすすめです。植物園からグラスラン広場まで、旧市街やサン=ピエール・エ・サン=ポール大聖堂(ナント大聖堂)、ブルターニュ大公城、歩行者用の小路やヴェルサイユ島の日本庭園などを通り過ぎながら街を散策してみてください。県庁に沿ったエルドル川の先端の風景を称賛するには、ヴェルサイユ河岸沿いを歩いてみることもお忘れなく。

どんな時でも見逃せないおすすめの場所といえばトラントムーの小さな港とカラフルなファサードの漁師の家々があります。ロワール川を横切る連絡船Navibusに乗れば、ちょっとしたヴァカンス気分に。作家ジュリアン・グラックは著書『ひとつの町のかたち-La Forme d'une ville』の中で「たくさんの人でひしめく都市…夢で満ちている」と描写しています。ナントは活発で魅力あるその創造性を誇示しているのです。

紹介ビデオ - ナントとその地方のまとめ
紹介ビデオ

ナントとその地方のまとめ

探索マップ - ナントとその周辺の観光名所セレクション
探索マップ

ナントとその周辺の観光名所セレクション

スライド

Nantes とその地方のフォトアルバム

トラベルノートに記事を追加、または選択を取り消すには、こちらをクリックしてください。

トラベルノートに記事を追加、または選択を取り消すには、こちらをクリックしてください。
独創的

ジュール・ヴェルヌとの特別な夜

トラベルノートに記事を追加、または選択を取り消すには、こちらをクリックしてください。
散策

トラントムー、色鮮やかな漁師の村

トラベルノートに記事を追加、または選択を取り消すには、こちらをクリックしてください。
必見

必見、ラ・シガール

トラベルノートに記事を追加、または選択を取り消すには、こちらをクリックしてください。
ブティックホテルデザイン

ル・ソーゾー・ホテル、敬虔なデザイン

トラベルノートに記事を追加、または選択を取り消すには、こちらをクリックしてください。
ラグジュアリー

ラディソン・ブル・ホテル・ナント

トラベルノートに記事を追加、または選択を取り消すには、こちらをクリックしてください。
珍しい場所

機械仕掛けの架空動物アトラクション

トラベルノートに記事を追加、または選択を取り消すには、こちらをクリックしてください。
ビストロ

ピクルス、味と美そして大胆さの融合

トラベルノートに記事を追加、または選択を取り消すには、こちらをクリックしてください。
ショッピング

パッサージュ・ポムレ:19世紀建築の傑作

トラベルノートに記事を追加、または選択を取り消すには、こちらをクリックしてください。
デザイン

アーバンデザインホテル、オッコ

おすすめの
目的地

出発地 :