コート・ダジュールを探訪しましょう

公開日 

コート・ダジュールを探訪しましょう

行き先はニース、空の旅へようこそ。堪能すべきコート・ダジュールのグルメ。

旅行開始日

出張か観光かにかかわらず旅行は地元の美味しい料理やワイン文化に親しむのに理想的な機会です。あなたの体験はフライトから始まります。私たちは、最高のシェフとソムリエとともに、最も美味しいお食事をご用意いたしました。まずは、シャンパンを1杯いかがでしょうか?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

コート・ダジュールを探訪しましょう

2日目

ニースの地ではどんな美食の楽しみもあなた次第です。フライト中に、私たちのシェフによって、あなたは舌の肥えたグルメになってしまっていることでしょう。でも、ビストロ・デュ・ポール(Le Bistrot du Port )、この店なら間違いありません。本物であるということはテーブルのセッティングを見るだけでも分かります。黒板に書かれた短いメニューがこの店のすべてです。アペリティフの代わりに試飲のためのオリーブオイルの小さなボトルが運ばれて来ます。

まるでバレリーナの足運びのように忙しく行き交うコルシカ島航路のフェリーの動きを眺めるのにここは打ってつけの特等席です。ホタテガイのカルパッチョに足止めされなかったら、あなたもきっと乗船していたかもしれませんね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

コート・ダジュールを探訪しましょう

3日目

ニースの街の小高い場所や海岸沿いの小道を闊歩する2日間。あなたは、きっとビジネスクラスのソファーベッドの快適さを懐かしく思うことでしょう…。少し歩き疲れたあなたへのご褒美としてビーチでの休息をお楽しみください。ここは、高級志向で、ル・ガレ(Le Galet )を訪れてみましょう。このレストランは、海とプロムナード・デ・ザングレ(Promenade des Anglais)に張り出したニースの中心部に位置し、一息入れるのに理想的なロケーションにあります。アルプスの山々と調和したニース風ランチの後は、レストランのプライベートビーチへ。心地よいビーチベッドのやわらかなクッションに身を任せ、リラックスしましょう。もう、他には何も要りません。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

コート・ダジュールを探訪しましょう

4日目

グラースからカーニュ=シュル=メール、ジュアン・レ・バンからヴァロリスまで、ニース地方の内陸地域をくまなく歩いて過ごした一日から戻ると、そろそろ最後の行程です。ニース港の東に位置するラ・レゼルヴ(La Réserve は夕日の中にまるで灯台のようにそびえています。シャンパンを楽しめるルーフトップからの眺めは絶景で、カップ・ダンティーブ(Cap d'Antibes)を超え、エステレル(Esterel)の頂きまでの大パノラマを一望できます。足元には、ベ・デ・ザンジュ(Baie des Anges)が広がり、そして、手元にはもちろんシャンパングラス。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

コート・ダジュールを探訪しましょう

5日目

いよいよ明日はお帰りのフライトです。でも、ニースを楽しみつくすために、まだ数時間残っています。素晴らしい場所はすべて制覇したと思っていますか?オールド・スポーツ・クラブ(Old Sport Club )は、ニースの町で最もひっそりとしたバーのひとつです。この禁酒時代のもぐり酒場のようなバーに入り込むという特権を得るためには、隠された秘密の扉への地図が必要です。でも今ではここはあなたの街です。貴重な魔法の手段を手に入れることも、もはやたやすいことでしょう。それは、明朝のあなたのご搭乗が、SkyPriority(スカイプライオリティ)サービスによって優先されているのと同じようなものです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この先は、あなた次第。

オリーブやブドウの収穫、ショッピングや“ドルチェ・ヴィータ”まで…あなたの旅の物語は、まだまだ続きます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

思い立ったら…

France.frで旅のプランニング 出発の前からフランスを体験。新しい発見にも出会えます。 airfrance.co.jpでフライトを予約 さあ、フランスへ出発。冒険は飛行機に搭乗した瞬間から始まります。