認可されたチャイルドシートおよびハーネス

2歳未満の乳幼児が個別の座席で旅行するには、認可済みのチャイルドシートまたはCARES(Child Aviation Restraint Sytem)により認可済みのハーネスの着用が義務付けられています。
これらの器具の設置には、メーカー指定のマニュアルに準拠してください。規格外の装備はすべて拒否の対象となります。

チャイルドシートはセキュリティベルトで固定し、幅が44cm* 以内のものでなければなりません。チャイルドシートは離陸・着陸体勢時、機体の後方に向けて設置できます。巡航高度では、前方座席のリクライニングを妨げないよう、前向きに設置しなければなりません。

CARES(Child Aviation Restraint Sytem)認可のハーネスは、お子様の体重および身長(10~20kg、最長100cm)に対応したものでなければなりません。

ご注意


以下の場合には、チャイルドシートやハーネスは使用できません。
  • ラ・プルミエールのキャビン(全機材にて)
  • 全てのボーイング787型機、一部のボーイング777型機、およびエアバスA350型機の中央部分座席におけるビジネスキャビン

器具の設置ができない場合、乳幼児は膝上に乗せてご旅行いただきます。
 

* エコノミークラスの最前列のお座席の場合は42 cm