新型コロナウィルス関連のインフォメーション

フランスへの入国条件の変更について

2021年2月8日 更新

2021年1月31日より、フランス政府は新型コロナウイルス感染症およびその変異種の感染の急速な拡大を受け、やむを得ない理由がある場合を除きヨーロッパ圏(ヨーロッパ連合、シェンゲン圏、アンドラ、バチカン、サンマリノ、モナコ)外からのフランスへの入国を禁止することを発表しました。
この制限は、すべての国籍のお客様に適用されます。

入国に関する制限や必要書類などについては、出発前に下記のTravelDocのウェブサイトからお調べください。


Traveldocで入国に必要な条件・書類を調べる(英語)

日本からの渡航は、やむを得ない理由がある場合のみに限定されております。

やむを得ない理由のために入国する場合、下記の書類の提示が必要です。

  1. 出発72時間以内に検査を受けたPCR検査の陰性証明書(11歳以上の旅客が対象)
  2. フランス入国後、7日間の自主隔離を行い、隔離期間終了後に2度目のPCR検査を受ける必要があり、その実施等に関する誓約書
  3. 国際移動理由証明書(Attestation d’entree sur le territoire metropolitain pour les ressortissants des pays exterieurs a l'espace europeen)
  4. 入国に対するやむを得ない理由を説明する証明書

(2)および(3)についてはフランス内務省のサイトからひな型がダウンロードできます。

詳細は、下記の在日フランス大使館のページよりご確認ください。

フランスへの入国制限措置等の最新情報については、フランス政府のウェブサイトにてご確認ください。
また、フランス本土全体に発令されている夜間外出禁止の開始時間が2021年1月16日より18時に繰り上げられています。18時から翌6時までの間、ご自宅と空港間を移動する可能性のあるお客さまは事前に「特例外出証明書」をご用意されておくことをお勧めいたします。

日本への入国制限について

2020年12月29日更新

  • 日本到着前14日以内にイギリスに滞在した外国人は、12月24日以降、日本への入国が禁止されています。
  • 日本到着前14日以内に南アフリカに滞在した外国人は、12月26日以降、日本への入国が禁止されています。
  • 12月28日以降の制限措置について
  1. すでに発給済みのビザ(EX-R)を持っている外国人の日本への新規入国は2021年1月3日までは許可されます。
  2. 発給済みビザを持っている者であっても、日本時間2021年1月4日午前0時以降は外国人の日本への新規入国は禁止されます。
  3. 日本人及び再入国者は日本帰国への出発前72時間以内の新型コロナウィルス感染症陰性証明を提出する必要があります。陰性証明を提出できない場合は検疫所長の指定する場所において14日間の隔離措置が適用されます。
  4. 日本人及び再入国者で日本到着前14日以内にイギリス及び南アフリカを訪問した帰国者は14日間の自己隔離に加え、3日間の間、検疫所長の指定する場所において検疫隔離の対象となります。

詳細については、外務省のページでご確認ください。

日本出発前の検査について

2021年1月28日 更新

厚生労働省と経済産業省が運営するTeCOT(海外渡航者新型コロナウイルス検査センター)のウェブサイトより、新型コロナウイルス感染症の検査が可能な医療機関を検索し、ご予約いただけます。
詳細は、ウェブサイトからご確認ください。

日本へご到着のお客様へ

2020年12月10日更新

「誓約書」の提出要請について

2021年1月14日午前0時(日本時間)以降に入国するすべての方に対し、入国時に14日間の公共交通機関不使用、14日間の自宅または宿泊施設での待機、位置情報の保存、保健所などから位置情報の提示を求められた場合には応ずることなどについて誓約し、誓約書の提出を求められます。誓約書の提出に応じない場合、検疫所長の指定する場所で14日間待機することが要請されます。
誓約書フォーム
詳細については、外務省のページ でご確認ください。

電子質問票について

エールフランス航空運航便にて、2020年12月14日以降に成田国際空港または関西国際空港へご到着(12月13日以降パリ出発)のお客様、並びに12月24日以降に羽田空港(東京国際空港)へ到着(12月23日以降パリ発)のお客様は「厚生労働省質問票ページ」にて発行されたQRコードを検疫官にご提示いただく必要があります。日本ご到着前にあらかじめ、以下のURLより「厚生労働省質問票ページ」で必要事項をご入力ください。

成田空港・関西空港からお帰りの際の交通機関について

日本到着時、空港から公共の交通機関をご利用いただくことは認められておりません(タクシーを含む)。ご自身のお車をご利用になるか(エアポートパーキング利用)、送迎サービス(ハイヤー等)を事前にお手配ください。詳しくは以下のウェブサイトをご参照ください。
成田空港、羽田空港から入国される方を対象に、2020年12月16日(水)から東京空港交通により予約制の「入国者専用バス」が運行されます。
詳細やご予約については、下記のリンクからご確認ください。

パリの空港でのコロナ感染症検査の 実施について

2020年11月13日更新

2020年11月9日より、パリ-オルリー空港ならびにパリ-シャルルドゴール空港からご出発のお客様は、市中のCerballianceの研究所に加えて、空港のスクリーニングセンターでも新型コロナ感染症の抗原検査ならびにPCR検査を受けることが可能になりました。空港での検査では抗原検査は受検後1~2時間以内に、PCR検査は受検後48時間以内に結果が判明します。検査を受けるには有効な航空券を所持している必要があり、かつ、事前の予約(フランス語)が必須となります。パリ空港ウェブサイト(英語)でも詳細をご確認いただけます。お客様の目的地での必要な要件についてはTraveldoc(英語)または目的地の大使館ウェブサイト等でご確認ください。

マスク着用のお願いについて

2020年9月14日更新

2020年5月11日より、エールフランス航空のフライトにおいてマスクの着用が義務付けられます。全てのお客様に、条件を満たすマスクの着用が必要とされます。快適で安心なご旅行のためにマスクを複数枚ご準備いただけますようご協力をお願いいたします。

空港では、お客様同士距離をとってお並びいただけるよう、目印や表示を設けております。また、お客様同士の空間を保つよう、飛行機の後部座席をご利用になられるお客様から順に、段階的な搭乗を行っております。

何卒ご理解ご協力賜りますようお願い申し上げます。

運航に関するお知らせ

2020年冬期スケジュール(10月25日~3月27日)の
日本路線運航予定について

2020年12月14日更新

【運航便】
  • AF275便 2020年10月26日~ 2021年3月26日 週3便 (火・金・日)東京(成田)発 10:55 パリ(CDG)着 15:45
  • AF276便  2020年10月25日~ 2021年3月27日 週3便 (月・木・土)パリ(CDG)発 13:10 東京(成田)着 09:10(翌日)

  • AF293便  2020年12月17日~ 2021年1月9日 週3便 (月・木・土)東京(羽田)発 23:50 パリ(CDG)着 04:50(翌日)
  • AF274便  2020年12月16日~ 2021年1月8日 週3便 (水・金・日)パリ(CDG)発 23:20 東京(羽田)着 19:25(翌日)

  • AF291便  2020年10月26日~ 2021年3月23日 週2便 (火・日)~12/5 大阪(関西)発 10:25発 パリ(CDG)着 15:05着 12/6~ 大阪(関西)発 23:50発 パリ(CDG)着 04:30着(翌日)
  • AF292便  2020年10月25日~ 2021年3月27日 週2便 (木・土)~11/28 パリ(CDG)発 13:10発 大阪(関西)着 08:55(翌日) 12/3~ パリ(CDG)発 22:00発 大阪(関西)着 17:45(翌日)

【欠航便】
  • AF291便 大阪(関西)-パリ 2020年12月20,27,29日、2021年1月5日
  • AF292便 パリー大阪(関西) 2020年12月24,26日、2021年1月2,7日

  
※今後の状況により変更の可能性がございます。

航空券の変更・払戻し

2021年2月22日

旅行会社から航空券をご購入のお客様は、手続きについて購入元に直接お問合せください。 

弊社ウェブサイト、コールセンター、発券カウンター等で直接ご購入の場合、下記に従いお手続きください。 

日程の変更* については手数料なしで可能です。ご予約時の運賃に空席がない場合は、差額を追加でお支払いいただきます。航空券のそれ以外の運賃条件は変更されません。

航空券の変更が可能な場合、ウェブサイトまたはモバイルアプリの「お客様の予約」より直接変更いただけます。こちらから変更ができない場合は、コールセンターにお問い合わせください。

加えて、コロナウィルス感染拡大防止のために多くの国で衛生対策や規制が実施されており、中にはPCR検査の陰性証明書が必須とされる場合がございます。
目的地の当局にPCR検査の証明書を求められた場合で、PCR検査の結果が必要なタイミングに間に合わない場合に限り、出発を最大4日間無償で延期することが可能です。
この延期については、旅行の2日前までにリクエストいただき、元の予約便の出発日前までに手続きを完了ください。リクエストについては、エールフランス航空のウェブサイトまたはご予約元の旅行会社から行っていただけます。

* 団体包括旅行運賃(パッケージ旅行用運賃)等は除く

Cliquer pour replier le bloc
元の予約便が2021年12月31日までの場合、ご購入の航空券の運賃規則に基づき払戻し可能な旅行バウチャーの発行または払戻し手続きが可能です。お手続きに関しては元のご予約の出発日より前に完了いただく必要がございますのでご注意ください。

旅行会社から航空券をご購入のお客様は、手続きについて購入元に直接お問合せください。

弊社ウェブサイト、コールセンター、発券カウンター等で直接ご購入の場合、ウェブサイトまたはモバイルアプリの「お客様の予約」より直接お手続きいただけます。

* こちらからリクエストができない場合は、下記のオンラインフォームへ入力し、リクエストしてください。その場合は、お手続きに数週間お時間をいただくことを予めご了承ください。

すでにリクエストを送られている場合は、新しくリクエストいただく必要はございません。

Cliquer pour replier le bloc
旅行会社から航空券をご購入のお客様は、手続きについて購入元に直接お問合せください。

弊社ウェブサイト、コールセンター、発券カウンター等で直接ご購入の場合、日程の変更またはキャンセルをお選びいただけます。

  • 日程の変更

    元の出発便の前後30日内の変更に関しては、手数料ならびに運賃差額なしでお手続きが可能です。

    この無料での変更を希望される場合は、このページのフッターにある、「当社へのお問合せ」から弊社コールセンターへご連絡ください。


  • ご旅行のキャンセル

    ご旅行をキャンセルされる場合、旅行バウチャーの発行または払戻しをリクエストいただけます。

    注意事項:
    払い戻しについては、航空券を購入された国の法律ならびに規則に基づき行われます。
払戻しあるいはバウチャーの発行については、ウェブサイトまたはモバイルアプリの「お客様の予約」からオンラインで* 直接リクエストいただけます。

* こちらからリクエストができない場合は、下記のオンラインフォームへ入力し、リクエストしてください。その場合は、お手続きに数週間お時間をいただくことを予めご了承ください。

Cliquer pour replier le bloc

機内および空港での対策について

2020年7月9日

エールフランス航空では、新型コロナウイルスに対し、全路線における機内および空港での衛生管理 についての対策を下記のとおり実施いたしております。 

機内にて

マスク着用の義務化、ソーシャルディスタンスの確保

2020年5月11日より、エールフランス航空のフライトにおいてマスクの着用が義務付けられます。全てのお客様は旅行中を通して、条件を満たすマスクの着用が必要とされます。快適で安心なご旅行のためにマスクを複数枚ご準備いただけますようご協力をお願いいたします。

現在、エールフランス航空のフライトは、使用機材の定員に満たない人数のお客様で運航されているため、ソーシャルディスタンスを確保することが可能となっております。

搭乗時には、お客様同士の間隔を保つよう段階的な搭乗を行っており、飛行機の後部座席をご利用になられるお客様から最初に搭乗いただき、順に前方のお客様へとご案内しております。

何卒ご理解ご協力賜りますようお願い申し上げます。


出発前整備
  • カーペット、座席周りの清掃を徹底して実施
  • お客様の手が触れる部分(テーブル, 肘掛け、座席モニター, コントローラー, トイレ等)を、指定された除菌剤で消毒することを徹底
  • ブランケットはビニールで個包装したものを配布
  • 新型コロナウイルス肺炎の発生が報告されて以来、短距離および中距離線では、枕のサービスを中止し、長距離線では、通常の洗浄工程に加え、指定された除菌スプレーを用いて消毒を実施

客室乗務員による衛生用品の携帯
客室乗務員には、以下の衛生用品を支給しています。
  • 除菌用ウェットティッシュ
  • ビニール手袋
  • 除菌スプレー
  • マスク
  • 清掃キット (手袋 + 除菌ワイパー)

機内換気のご案内
エールフランス航空では、機内で循環する空気を清潔に保つため、全機材にHEPA(High Efficiency Particulate Air=高性能空気)フィルターを装備した空気循環システムを採用しています。コロナウィルスの粒子は0.08‐0.16μメーターですが、病院の手術室などにも装備されているHEPAフィルターは、粒子の大きさが0.01 μメーターのウィルスも除去できる集塵能力があります。なお、換気システムは1時間に20回以上、機外から新しい空気を取り入れ機外へ排出しており、地上屋内施設よりも空気の循環頻度が多く保たれています。 

空港にて

ソーシャルディスタンス
お客様に安全な距離を保っていただくために、ソーシャルディスタンスをお願いするアナウンスや掲示、また、お並びいただく間隔を示した床面のマークの設置等を行っております。

チェックインカウンター・自動チェックイン機
チェックインカウンターには透明なプレキシグラス製の保護スクリーンを設置しております。自動チェックイン機は間隔を空けてご利用いただけるように稼働台数を調整しております。チェックインカウンター・自動チェックイン機ではともに定期的な消毒作業を行っております。

手指消毒剤の配備
各所に手指消毒剤を配備しております。ご自由にご使用ください。

非接触型体温計による検温
エールフランス航空の国際線発着のいくつかの空港では、ご出発時に非接触型体温計を用いて検温が実施される場合があります。

弊社は、今後とも国内外の保健衛生当局と連携し、お客様の安全対策を最優先課題として取り組んでまいります。

トップに戻る