スウェーデンのシンボル 首都ストックホルム

スウェーデンは多くの島々を擁しており、首都ストックホルムだけでも、14の島から成っています。近代的な都市ストックホルムには、小路や石畳が保存されたガムラ・スタンのような旧市街もあります。王宮やゴシック様式の建築などは、目を楽しませてくれることでしょう。歴史好きの方には魅力です。是非一度は訪れてみたい国スウェーデンには、エールフランス航空のフライトが就航しています。

スウェーデン その歴史遺産と自然遺産

スカンジナビア諸国を有名にしているものの一つに、北極のオーロラがあります。オーロラは、スウェーデンの特に北極圏近くの町では、しばしば見られるものです。
ヨックモックハパランダキルナは、オーロラを観察するには理想的な町です。夏場にスウェーデンに行かれるなら、北極圏の北側では、24時間沈まない真夜中の太陽を満喫することもできます。

またスウェーデンは、豊富な文化遺産を擁しています。エーランド島ゴットランド島の2つの島では、豊富な動物相や植物相を観察できますし、考古遺跡、有史以前や中世の名所旧跡もあります。グリプスホルム城は、スウェーデンの主要観光スポットの一つで、スウェーデン王侯貴族の肖像画コレクションを収蔵しています。グスタフ3世劇場は、18世紀の建造です。さらに、南部のゴータ運河のクルーズも、忘れてはならないでしょう。運河から土手や町、歴史建造物を眺めるという、ちょっと変わったクルーズです。

スウェーデン スポーツ天国

スウェーデンは、ウィンスタースポーツの天国です。アルペンスキーや、クロスカントリースキー、バイアスロン、凍った湖でのスケートなどがポピュラーです。カヌーやカヤック好きには、ヴェルムランド地方をお勧めします。カヌーの基地が集まるメッカがあり、セフレからアルヴィカまで全長80kmに及ぶリバー・コースは、国内最大級です。一方、スウェーデンの自然は、ハイカ―には天国です。国内には、30の国立公園と1400の自然保護区があります。アビスコ国立公園ピーリエカイセ国立公園ヴィンデルフィエーレン(Vindelfjällen)自然保護区は、足を延ばす価値があります。スカンジナビア半島の最北端ラポニア地域では、熟練のガイド付で、貴重な犬ぞり体験ができます。旅行の目的は十人十色。 エールフランス航空で 、スウェーデン探訪の旅へ。

スウェーデン旅行の準備:お役立ち情報と宿泊