チェコ共和国は未知の宝の国

中央ヨーロッパの小国、チェコ共和国。その素晴らしい首都プラハ以外は、未だあまり知られていませんが、観光スポットは満載。その魅力にはきっと目を見張ることでしょう。伝統を重んじながらも、決然と近代へ向かった国。そこでは温かい人々に出会うでしょう。何世紀にもわたる激動の歴史を経ても、生きる喜びやもてなしの心を失うことはありませんでした。ヨーロッパで最も美しい町の一つであるプラハの他にも、ユネスコの世界遺産に名を連ねる建造物の宝の数々、ボヘミア地方モラヴィア地方の美しい田園地帯、チェコ流の穏やかな生活、カフェのテラスで味わえる多種のビールなど、チェコで様々な発見をしてみましょう。素晴らしい世界遺産の国は、是非とも訪れる価値があります。チェコへは、エールフランス航空のフライトが就航しています。

チェコ共和国とユネスコの世界遺産

建築やロマンチックな雰囲気、そして歴史的な特徴と、プラハはヨーロッパで最も美しい都市の一つです。町の全体像を見れば、プラハが中世から発展を続けながらも豊かさを守り続けてきたことが理解できるでしょう。プラハの美しさを感じとるには、街を散策するだけで十分です。どこをみても美しい街です。。アールヌーボー地区からユダヤ街まで、ティン・ノートルダム教会のような際立った建物がいくつも見られます。「百塔のプラハ」と呼ばれる美観に、ただ圧倒されることでしょう。他に、チェコ共和国の観光スポットとして、南ボヘミア州の町チェスキー・クルムロフと、ルネッサンス様式のクルムロフ城や、南ボヘミア州最大の都市チェスケー・ブジェヨヴィツェは、是非訪れたい場所です。

チェスキー・クルムロフ

ボヘミア地方は、プラハや周囲を取り巻く多くの名所旧跡で有名ですが、南部のモラヴィア地方も訪れてみる価値があります。観光は勿論ですが、この地方の町々の建築や文化遺産を巡りながらも、チェコ人との触れ合いに時間を割くのもよいかもしれません。オロモウツの素晴らしい歴史地区や、美しい町テルチを散策するのもいいでしょう。テルチ市の中心部は、ゴシック様式とルネッサンス様式が混在しており、ユネスコの世界遺産に登録されています。また14世紀に建造されたボウゾフ城は、中世のお伽の国の宮殿のようです。人気急上昇中の観光地ですので、急いで見に行きましょう! 是非 エールフランス航空のフライト で、宝の国探訪の旅へ。

チェコ共和国に関する情報