ペット・動物の輸送

ペットがお好きですか?私たちも大好きです!エールフランス航空は、ペットにとってもお客様のご旅行と同じくらい心地よい旅となるよう万全を期しております。
重要
2021年7月14日より、米国衛生当局によるペット輸送に関する新しい制限が導入されます。
狂犬病のリスクが高いとされる国々に過去6ヵ月に滞在し、米国政府が発行する特例を有していない犬はすべて、米国の領土には入国できません。
それらの措置に従わない場合、経路変更、移動、保管などの全費用は、ペットを同伴する旅行者の自己負担となります。

パリ・シャルル・ド・ゴール空港およびパリ・オルリー空港発着便の貨物室でのペット輸送は、EU内のフライトを含む直行便で可能です。またパリ・オルリー空港に限り、乗り継ぎ便でもご利用いただけます。

現行の規則に準じています。ご注意ください:
- 中国着便の貨物室および機内でのペット輸送は禁止されています。
- モスクワ発パリ着便では貨物室でのペット輸送のみが禁止されています。

これらの情報は、衛生状況と当局による制約に応じて変更の可能性がありますのでご了承ください。

動物の輸送・運送

荷物室、機内あるいは貨物機でのお預かりですか?特定の機材または目的地によってはペット・動物の輸送が規制または禁止されている場合がございます。

アドバイスが必要ですか?ご旅行前に当社 コールセンター までお早めにお問合せください。お客様のご予約とペットのための予約も同時にお済ませいただけます。

オンラインで航空券をご購入されたいですか?弊社ウェブサイト上でお客様ご自身のご予約を行ってからペット輸送の予約のためにお電話にて当社 コールセンター までお早めにご連絡ください。

貨物輸送機による運送

お客様のペット・動物を機内あるいは貨物室で輸送できない場合がございます。以下の場合は貨物機による輸送が必要になります :
  • ケージの重さも含め重量が75kgを超える、
  • 貨物機以外の動物輸送を許可しない国にご旅行される。

獅子鼻の犬または猫(例:ボクサー、ペキニーズ、シーズー、ペルシャ猫、バーミーズなど)のエールフランス航空貨物機での輸送は許可されています。
これらのいずれかに該当する場合は、貨物サービス AIR FRANCE KLM Cargo にお問い合わせください。

ペット用バッグまたはケージのご購入

機内持ち込み用バックまたは荷物室輸送用ケージは、弊社のエールフランス・ショッピングサイトよりご購入いただけます。
次の国への配送が可能です:アルジェリア、ドイツ、オーストリア、ベルギー、デンマーク、スペイン、フィンランド、フランス、アイルランド、イタリア、日本、ルクセンブルク、モロッコ、オランダ、ポルトガル、スウェーデン、スイス、チュニジア、英国、米国。

フライング・ブルー会員の方は、お買い物のたびにマイルが加算されます。そしてお持ちのマイルでもお支払いが可能です!

手続き

  • ペット同伴には、現状義務づけられている予防接種すべてを済ませている必要があります。 
  • 欧州連合内での犬、または猫の移動の際、マイクロチップによる識別が必要となりました。また、ヨーロッパのパスポートを所持する必要があります。認可された獣医により交付されるパスポートがお客様のペットがお客様に属すること、予防接種を受けたことを証明します。
  • 渡航先の大使館に詳細をお問い合わせください。例:アイルランド、スウェーデン、イギリスあるいはマルタへのご旅行の場合、追加の衛生条件が適用されます。
  • EU外へのご旅行の場合は、発着国さらにトランジットをする国々における現行の規定(予防接種、検疫など)をご確認ください。
  • エールフランス航空は、弊社規定違反による運送拒否あるいは渡航先の国の規定違反と判断された到着時のペット受け入れ拒否で発生した費用(予約の変更費用、ホテル滞在費、ペット預かり所費用など)に対する一切の責任を負わないものとします。

トップに戻る