野菜料理にスポットライトを当てたレストラン、イェルバ

流行 - ガストロノミー
野菜料理にスポットライトを当てたレストラン、イェルバ

ベジタリアンレストランのイェルバでは、メイン食材は野菜です。

キャロットのフェスティバル、絹豆腐のチョコレートムース、スパイスが効いたズッキーニのフライ、野生キノコのタルタルなど…もう想像がつくとかと思いますが、 ベジタリアン食材を使用したアムステルダムで今流行のレストランです。イェルバでは、シェフ、ウォルター・マルカンプの想像力と季節によって変化するメニューと共に、生産者と提携し地元の食材を使用した料理を提供しています。

セミオープンの厨房内では無駄遣いを一切排除し、継続可能な開発が優先されています。青菜の芯をはじめ、食材のすべての部分を使用。それらは調理され、美しく飾られて料理やカクテル、ノンアルコールドリンクとしてセーブされています。生産者から直送される肉や魚のオプションメニューもガストロノミーメニューに記載されています。レストランは週末のブランチを除き夜のみの営業。付け合わせでは終わらない野菜の可能性を見出してくれる店です。

イェルバ(Yerba
Ruysdaelstraat 48
1071 XE Amsterdam

+31 (0)20 471 46 95

www.yerbabar.com

約 34 EUR