「カフェ・ブラン」の1つで温まる

グルメな散歩
「カフェ・ブラン」の1つで温まる

壁を黒くしたタバコの煙からこう呼ばれています。カフェ・ブランは、アムステルダム独自の場所。

街のいたるところにある、この温かい雰囲気の中に溶け込んでみましょう。数世紀にわたるタバコの煙が天井や壁に染みついていることから、「カフェ・ブラン」と呼ばれるようになりました。長い間、テーブルを保護している伝統的な中東のマットがまだあるところも。

カフェ・ブランの大半は近所の常連客たち。仕事の後に友達に会いに立ち寄ったり、ビールを飲むためにやってきます。外国人ももちろんウェルカム。オランダの人々は、土日を中心に夜になると人であふれるお気に入りの場所を共有するのが大好きなのです。生ビールや少しミルクを加えたコーヒー、特に良く冷やしたジンを小さなグラスに入れて飲んでいます。

ドライジンは、サンドウィッチやその他の料理と一緒に飲まれます。というのは、飲み過ぎると頭が痛くなるからです...