サン=ピエールの街の豊かさ

散策
サン=ピエールの街の豊かさ

発展した魅力的な市街地のあるサン=ピエールは、現代的で一風変わった街。

「南の首都」とも呼ばれているこの街は、レユニオン島で3番目に人口が大井町です。巨大な農業・漁業コミュニティがあり、インド洋に沿った長い大通りと重要な港があります。ここの散策はお勧めです。

豊かで活気あふれるサン=ピエールは、その文化と民族の多様性が特徴。温かく静かな環境の中、訪れる人々を幸福感に包んでくれます。まさに文化・民族の交差路ともいえるおの街には、小さな漁港やタミール人や中国人の寺院、モスク、教会などがあります。市街地では、魅力的なボン・アンファン通りを通って、スパイスや工芸品を販売する屋内市場の美しい商品を眺めることができます。サン=ピエール市場は、日曜日を除き毎日開催。そこからすぐにインド企業の店舗跡に建てられたメディアテックがあります。

高台では、風変りなクレオールの古い建物が立ち並ぶ街の魅力に浸ることができます。

www.ville-saintpierre.fr