インスピレーションの源

芸術と文化
インスピレーションの源

マルキーズ諸島の内、最もよく知られているヒバオア島は、著名なゲストもよく訪れる評判が高い場所です。ポール・ゴーギャン、ジャック・ブレル、作家のハーマン・メルヴィル、ピエール・ロティなどがいます。

偉大な芸術家は、たくさんの感情を訳せ、マルキーズ諸島への訪問者の心をつかみます。ポール・ゴーギャンとジャック・ブレルは晩年をヒバオア島で過ごし、最後の作品作りへのインスピレーションを得ました。2人はアトゥオナの墓地で永遠の休息についています。 「風が凪いで、マルキーズの時間は動かない」と、ベルギー人歌手は作詞しました。島の、独特な雰囲気と魔法をよく表しています。

険しい断崖、急な崖、広い入り江とたくさんの谷間は、旅行者にとって印象的です。ティキ、石、木または珊瑚の人型の彫刻を見に出かける精神を取り戻します。そして職人は、工房で伝統を永続させます。リポナは、ポリネシアで一番大きなティキを所有しています。また、Taaoaでは標高1300メートルのTemetiu山すそに、モモタマナの木、タヒチの栗の木やバーガットの下に、他の文化的そして宗教的遺跡があります。