クレオール文化と切り離せない、サン・モーリスの蒸留所

発見

生き残るため、仏領ギアナの農業蒸留所は、伝統的なメソッドと近代的な生産技術を組み合わせました。

2009年、2011年、2012年に優秀賞及び銅メダルを受賞、サン・モーリス島のラム酒製造所は、今も家族経営で、午前中に見学可能です。1935年に、ジョルジュ・プレヴォは蒸留と並んで、サトウキビの栽培もして、第二次世界大戦中に一番規模の大きな生産者になろうと考えました。彼が亡くなった時には、「La Cayennaise」「 Le Cœur de Chauffe」「Trois-Lacs」といった有数の銘柄を持ち、工場で生産する内55%を輸出していました。1988年に閉鎖するまで、優位を保っていました。

由緒ある砂糖工場の再生は、現社長、アーネスト・プレヴォが組織しました。彼は、生産設備を現代化して、新しいエネルギーを吹き込みました。今日、「La Belle Cabresse」は、カクテル「Ti'Punch」と密接なつながりを持ち、仏領ギアナでの打ち解けた楽しい時にはいつもそこにあり、年間目標5000平方リットルを超える、仏領ギアナ唯一の蒸留所となっています。

サン・モーリス蒸留所
Lieu dit Saint-Maurice
97320 Saint-Laurent-du-Maroni

電話番号 : +594 (0)5 94 34 09 09