マルセイユの仏教寺院、ファップ・ホア寺院(Pagode Phap Hoa)

芸術と文化お出かけ
マルセイユの仏教寺院、ファップ・ホア寺院(Pagode Phap Hoa)

マルセイユの地元民にもあまり知られていないマルセイユの仏教関連施設の一つで、瞑想の時を過ごしましょう。

マルセイユの北部地区。見学を希望するあらゆる人に門戸を開いているファップ・ホア寺院(Pagode Phap Hoa)は、1990年代に仏教僧チッシュ・チエン・ディン(Tchich Thien Dinh)により建築されました。地元住民にもあまり知られていない寺院ですが、その美しい建築はぜひ見学してみて。遠くからでも、2体の大きな仏像が見えるはず。1体は横向けに寝そべり、もう1体は金箔に覆われ、建立場所からは周辺を見渡すことができます。
この寺院は、特に建立者の霊廟と宗教学校があります。毎月第一日曜日にはベトナム人コミュニティが開くベジタリアン・ランチが開催されます。仏教徒以外も参加できるこのランチで、日常から脱出してみましょう。大勢の会食者の間に座ったら、ファン・ディン・ゴイ夫人(Phan Dinh Goi)が見守るなか、生春巻き、野菜豆腐炒めなどの名物料理を知的に堪能しては。

ファップ・ホア寺院(Pagode Phap Hoa
3, chemin de la Pagode
13015 Marseille

電話番号:+33 (0)4 91 51 68 10