マルセイユ・オペラ座

オペラ座
マルセイユ・オペラ座

歌とシンフォニー芸術の素晴らしい場所。

現在、私たちが目にすることができるオペラ座の建築基盤は、1787年のグラン・テアトルの跡に作られています。当時、ここはボルドーの次に作られた、フランス第2のオペラ座でした。

18世紀のコロネードと柱廊と、1920年代のスタイルの生み出すコントラストが素晴らしいメインファサード。ファサードには、「芸術にはアフロディーテの美とアポロンのリズム、パラスのバランス、ディオニュソスの動きと生命がある」と刻まれ、堂々たる効果を作り出しています。建物に入る前に、ダンスと音楽のアレゴリーモチーフが刻まれたブロンズのメダルで飾られた柵を通り抜けましょう。ドアを押して中に入りたいという気持ちにさせるほど、たくさんのシンボル。塗装されたパネル、彫刻が施されたフリーズがダンストギリシャの劇場を彷彿とさせます。階段を上ると、鏡が対照的に配置されたメインロビー。そこには、大きな窓から光が差し込んでいます。

1,800席を有するホールでは、イタリアのホールのエスプリを思い出すでしょう。それは、3つの区画に分けられた1階の後部座席とバルコニーとロッジによるもの。ここでは、音楽およびシンフォニー芸術の中で最も偉大な人物たちを迎え入れています。非常に質の高いショーが、ヴェルティやプッチーニ、マスネ、ベートーベン、ワーグナー、サン=サーンスをはじめとする多くの素晴らしい作曲家の作品に光を当てています。

マルセイユ・オペラ座(L'Opéra de Marseille)
2, rue Molière
13001 Marseille

電話番号:+33 (0)4 91 55 11 10 / +33 (0)4 91 55 20 43

opera.marseille.fr