ロロで、甘さを含んだスパイシーなクレオール料理

おすすめ
ロロで、甘さを含んだスパイシーなクレオール料理

地域の生活を垣間見るには、この地の郷土料理を堪能できるロロに立ち寄るのがベスト。

昼食には、マリゴ沿岸部やグランド・ケースで足が水に浸かる場所に設置された伝統的で典型的な小レストランの一種、ロロと呼ばれる海の家形式のお店へどうぞ。簾とベランダを備えた木製の小屋で提供されるのは、カニのファルス、アクラ、小エビの串焼き、豚リブのグリルとバーベキューソース、いけすから出して焼いたイセエビ。

ロロの歴史は17世紀まで遡り、大農園に設置された店で奴隷の配給や、保存や販売目的の商品が倉庫に収められていました。徐々に奴隷の住居が地区、そして町へと発展。配給が行われていた店はその場に残され、近接の商店となり、「ロロ」と呼ばれるようになりました。これらの店で使用されていた販売単位のロットに、その名が由来します。

メニュー:約7EUR