Le Marais de Kaw、並外れた生物多様性

公園
Le Marais de Kaw、並外れた生物多様性

フランスで3番目に大きな保護地域で94700ヘクタールあり、Roura、Régina、Kaw3つの町にまたがり、仏領ギアナで最も強い雨量計があります。

カウの湿地は、並外れた生物多様性のために、フランスが仏領ギアナに創設した6か所の自然保護区のひとつです。ここでは、氷河期から植民地時代、アメリカインディアンの住民まで、動物相や植物相を保護しています。最近、ファヴァ―ル山に村の跡地が複数発見されました。木炭から陶器のかけら - 炭素14年代測定法では、起源は西暦170年頃と推定 - から他の道具や彫って変形させた岩、そこを占有した稀有な証などです。

カウの街は、湿地と浮いたサバンナに囲まれた街で、神秘と驚きがある自然の世界への冒険に連れて行ってくれます。仏領ギアナのエバーグレーズ(国立公園)と呼ばれるこの緑の王国は、クロカイマンなど動物鳥類学を専門としています。

marais-kaw.com