キャリー・ネイション(Carry Nation)の秘密の味

美食の散歩不思議な場所
キャリー・ネイション(Carry Nation)の秘密の味

米国憲法修正第18条のもと施行された禁酒法では、1920年から1933年まで、連邦領土におけるアルコールの製造、販売、購入が禁止されました。

カンザス州で度数の高いアルコールの販売が禁止されていた時代、キャリー・アメリア・ムーア・ネイション(Carrie Amelia Moore Nation)は禁酒運動に参加し、この法律を無視していたバーに対する執拗な戦いを始めます。天啓に従っていると考えていた彼女は、仲間の女性達が歌う宗教歌にあわせ、不道徳なバーを破壊します。
2011年にマルセイユの6区にオープンしたキャリー・ネイション(Carry Nation)は、フランスのもぐり酒場の先駆けの一店。オーナーのギヨーム・フェローニ(Guillaume Ferroni)とリュック・リシュギ(Luc Litschgi)は、石造りの丸天井に潜む最初のアーバン酒倉の正確な住所を秘密にしています。住所を知るには、メールアドレスと電話番号を連絡しましょう。指定されたコード番号を手に、酒密造者たちが禁酒時代のカクテルの準備に追われている隠れ家バーに入りましょう。アル・カポーネ(Al Capone)が偽造品を支配していたこの不思議な時代に遡ってみては。

キャリー・ネイション(Carry Nation
住所は秘密です。ウェブサイトから予約をすると、住所が連絡されます。
13006 Marseille

www.carrynation.fr