サン=ドゥニ・ドゥ・ラ・レユニオンの神秘的な街

芸術と文化
サン=ドゥニ・ドゥ・ラ・レユニオンの神秘的な街

島の文化・歴史の首都、サン=ドゥニはインド洋の民族のるつぼ。ユニークな遺産をお楽しみいただけます。

北岸にあるサン=ドゥニ・ドゥ・ラ・レユニオンは、島の首都であるだけでなく、その外見にもかかわらず、海外県で最も大きな首都です。

かつては植民地の小さな村であったサン=ドゥニは、18世紀、

正式に首都となった際に、経済が大きく発展しました。サン=ドゥニには美術館、公園、建造物、典型的なクレオールの家々といったたぐいまれな歴史遺産があります。カラフルなシリ・カリ・カンパルやサン=ドゥニ大聖堂を眺めたり、ノール・エ・イスラム・モスクやインドからのインスピレーションを楽しめます。かつての中心部には、植民地時代の古い邸宅風の建物が立ち並んでいます。底を過ぎたら、エギゾチックな木々がたくさん生えているエタ庭園の中心にある自然史博物館をご見学ください。

その後は、バラショワまで散歩を続けましょう。古い港が海辺の快適な散歩道になっています。散歩の終わりは「大聖堂の地区」。ここはサン=ドゥニでもおしゃれな場所です。

www.saintdenis.re