サン・セバスティアンのタパス

バスクのタパス
サン・セバスティアンのタパス

ここでは伝統と食文化が完璧に混ざり合います。巧みに再解釈された地域の遺産を体験しましょう。

スペインとの国境にある漁師の小さな村、オンダリビアへ行ってみてください。地域最高の ピンチョス が楽しめます。もっと伝承文化を感じたい方は、アンダイエのボートに乗って港へ直接送ってもらいましょう。

この村の賑やかな小道で、お隣さんと肘を突きあいながら、 シピロン(小イカ)のカソレット、ハムの ベジョータ を一皿、そして リオハを一杯楽しめます。それぞれのお店が小さな名物を提供していますが、多くは家族のレシピとして秘密にされてきたものです。

何人かのグループになって、お祭りムードの旧市街(カスコ・ビエホ)を楽しみましょう。この古い街を訪れる理想の時間帯は午後。防波堤沿いを歩いてから、サン・テルモ美術館へ行き、その後はタパスバーを渡り歩きましょう。