京都の歴史エリアにあるホテル翠嵐

魅力
京都の歴史エリアにあるホテル翠嵐

歴史あふれる京都の中心地からは少し離れているものの、後悔しないホテル。昔の天皇の領地に建てられています。

2015年3月にオープンした39室のこのホテルは、まだ京都が日本の首都であったころ、天皇家の別荘地であった嵐山にあります。ここでは、1000年以上も昔の風景美を感じられます。保津川の輝くような水辺に沿って、桜が咲く春同様、秋になると木々が美しく色づく贅沢な公園のほとりに、川崎重工の創業者、川崎正蔵氏の別荘としてつくられました。旅館 が魅力的なホテルに生まれ変わった翠嵐は、日本の精神を理解するには欠かせない場所です。ミニマリストの小さな楽園に滞在して、日本のユニークで本物の宝物を発見する機会をお楽しみください。伝統的な温かい 露天風呂付き客室をリクエストして、軽い料理から複雑なものまで10品ほどを楽しむ日本の伝統料理 「懐石」 をご堪能いただけます。たくさん食べた後は、川に沿ってかつて天皇も歩いたかもしれない道を散歩してみてください。夕食は比較的早く提供されるため、ご注意ください。

翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル
〒616-8385 京都府,京都市
右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町12番

+81 (0)7 5872 0101

www.suirankyoto.com

客室:58,662円~