サントロペ:忘れられた美しさを愛でる

散策
サントロペ:忘れられた美しさを愛でる

「海のおてんば娘、サントロペ」。19 世紀の終わりには、ギ・ド・モーパッサンがサントロペをこう表現していました。

海や歴史、アートを愛する人達が一年中集まる街。一年を通して繰り広げられるイベントや、世界的に有名な展示会。家族連れにも夜遊びが好きな人にも特別な街、サントロペ。

夏のバカンス客達がいなくなると、伝説の街サントロペは昔ながらの魅力を取り戻します。太陽が照りつける旧市街の街並み。人気のない小道。ブーゲンビレアの花の陰。その静けさが旅行者を魅了します。港の人混みを離れたら、16 世紀に建てられた立派な城塞まで上ってみましょう。

ここでは、評判の海洋博物館だけでなく、湾と海辺の墓地のパノラマ風景も楽しんでみましょう。リース広場のプロヴァンス・マルシェを覗いた後は、アノンシアド美術館へ。港沿いにあるこの美術館が展示しているのは、現代アートの素晴らしいコレクション。フランスの小規模美術館の中でも最高の美術館だと言われています。

サントロペ観光局(Office de tourisme de Saint-Tropez
8 quai Jean-Jaurès
83990 Saint-Tropez

電話番号 : +33 (0)8 92 68 48 28

湾の海底探検をご予約される場合はこちらをクリックしてください