伝統輝く真珠のような旅館くらしき

魅力
伝統輝く真珠のような旅館くらしき

大阪と広島の間に位置する倉敷市にある旅館くらしき。19世紀の伝統的な邸宅に作られたこのホテルには、非常に日本らしい快適でラグジュアリーなスイートが5室あります。

外から見るとこの旅館は派手ではありません。通常、ゲストは午後到着し、着物を身に着けた笑顔の女将によって出迎えられます。玄関を入ったら、日本のどこでも同じように、靴を脱がなければなりません。その後、美しく選定された小さな木々に囲まれた石畳の通路を通って、フロントに向かい、チェックインを行い部屋に向かいます。
スイートはそれぞれ - 2人、4人または5人用 - にはサロン、寝室そしてバスルーム2室があります。通常、寝具は昼間部屋にはありません。客室の中心には低いテーブルが置かれているだけです。夜になるとインテリアが変わります。テーブルが取り除かれ、布団が畳の上に敷かれます。ディナーは客室で。その前に、ホテルの温泉 につかって、リラックスしたひと時を過ごしましょう。19時ごろになったら、浴衣を着て、5品から7品で構成される典型的な日本料理の夕食をご堪能ください。見て味わって楽しめます。

旅館くらしき
〒710-0054 岡山県
倉敷市本町4-1

+81 (0)8 6422 0730

www.ryokan-kurashiki.jp

客室:29,000 円~