ファン・ローン博物館(Museum Van Loon)で黄金時代にタイムスリップ

文化遺産 - 不思議な場所
ファン・ローン博物館(Museum Van Loon)で黄金時代にタイムスリップ

アムステルダムの歴史地区にある美しい個人邸宅。週に6日博物館として公開され、見学者を素晴らしいタイムスリップへ連れ出します。

運河沿いにある魅力的な貴族の邸宅にあるのは、ぜいたくな博物館。見学の間、オランダの黄金時代へと連れ出してくれます。1672年に建てられたこの邸宅には、レンブラントの弟子で有名な肖像画家のフェルディナント・ボル(Ferdinand Bol)が暮らしていました。1884年には有名な東インド会社の共同創設者であるファン・ローン(Van Loon)一家がこの邸宅を購入します。

この邸宅は現在でも個人住宅で邸宅の一部は私用されていますが、それ以外の部分は1973年以来一般公開されています。素晴らしいフランス式庭園を散策して、邸宅の4フロアを歩きながら18世紀の素晴らしい絵画、家具、磁器、銀器のコレクションを見学しましょう。ホール、サロン、寝室、台所など、その装飾はかつての素晴らしさを守り続けています。オランダ貴族の豊かな過去に浸ってみてはいかがでしょう。

ファン・ローン博物館(Museum Van Loon
Keizersgracht 672
1017 ET Amsterdam

電話番号:+31 (0)20 624 5255

www.museumvanloon.nl/

入場料:9EUR