マジョルク王宮(Palais des rois de Majorque)、ペルピニャンの宝

素晴らしい遺産
マジョルク王宮(Palais des rois de Majorque)、ペルピニャンの宝

マジョルク王宮(Palais des rois de Majorque)とその歴史を発見しに出かけましょう

ペルピニャンの街の中心に佇む王宮。13世紀にマジョルク王によって建てられた王宮は、中世の地中海でペルピニャンが経済・政治・文化の中心として考えられていた時代に、この街につかの間栄えた王国の中心となっていました。建築初期には後期ローマ様式で建てられ、1300年以降には、よりゴシック様式の建築で完成されています。

堂々とそびえ立つ複数の塔を鑑賞しましょう。かつては入口として使われていた、有名なオマージュの塔(Tour de l'Hommage)。内部にある礼拝堂サント=クロワ(Sainte-Croix)は、ブルーとピンクの大理石のアーチ形の扉口で飾られています。彩色した装飾が一部に残る王の居室では、カニグー山(Mont Canigou)まで見渡す景色が広がります。この広大な王宮の豪華さに、きっと魅了されるはず。王宮では、ガイド付き見学や自由見学に加え、一年中様々なイベントが開催されています。

マジョルク王宮Palais des rois de Majorque
4, rue des Archers
66000 Perpignan

電話番号:+33 (0)4 68 34 96 26

www.perpignantourisme.com/decouvrir/monuments/palais-rois-majorque-1