根津美術館で貴重な古美術を鑑賞

美術館・博物館
根津美術館で貴重な古美術を鑑賞

日本・東洋の美術品、国宝を収蔵する根津美術館と、隣接する美しい日本庭園を鑑賞。

国宝を含む日本・韓国・中国の美術品コレクションを収蔵する根津美術館。その幅広い美術品コレクションと美しい庭園に魅了されるはずです。

東武鉄道の社長を務め、古美術の愛好家でもあった根津嘉一郎は、20世紀初めに7,000点近い古美術品を収集します。父の死後、亡き父の情熱を受け継ぎ、コレクションの質を維持するために、息子の二代根津嘉一郎が1940年にこの財団を設立します。この個性的な美術館のコレクションには、絵画、書蹟、彫刻、金工、陶磁、漆工、木製や竹細工の工芸品、染織、武具や考古学品まで、多彩な美術品が収蔵されています。

美術館を見学したら、隣接する日本庭園を散策してみましょう。竹林、モミジが生い茂り、木々の下の苔には仏像が佇みます。都心に広がる1,700 m2。近い緑豊かな庭園を散策してみてはいかがでしょう?

根津美術館
〒107-0062
東京都港区南青山
6-5-1

電話番号 : +81 (0)3 3400 2536

www.nezu-muse.or.jp