日本の芸術の島、直島

観光
日本の芸術の島、直島

アートがキーワードの島、直島へぜひ足を運んでみてください。

大阪から約200kmの瀬戸内海の中心に位置する日本の真珠、直島は、現代美術と建築物で世界的にその名を知られるようになりました。人工約3,150人ほどで広さ8km2に渡るこの島は、まさに「野外美術館」です。教育業界のベネッセ社福武總一郎社長が、直島を芸術の首都にしようと考えたことから生まれました。
このプロジェクトを実現するために、福武氏は複数の美術館を手掛けた実績ある建築家、安藤忠雄氏に協力を仰ぎました。彼は地中美術館や李禹煥美術館、リチャード・ロング、アンディ・ウォーホル、ジャクソン・ポロックなどの作品が展示されるベネッセアートサイト直島などを手掛けています。直島のもう1つの特徴は、彫刻が数多くあることです。スピリチュアルな散歩の際に気が付くことでしょう。

www.town.naoshima.lg.jp/