高所の(ほぼ)ホテル、ル・テレキャビン

不思議な場所
高所の(ほぼ)ホテル、ル・テレキャビン

この特別な場所は、一度知ってしまうと後にしたくなくなってしまうホテル。

インテリアに情熱を抱く建築家フィリップ・ドマとアーティスティックダイレクター、アントニー・コントは19世紀の繊維工場を改修し、ホテルコードを詰め込んだホテルにつくり直しました。
過去を目撃した産業コード、メタリックな骨組構造、レンガとコンクリート。巨大なテラスに面した大きなガラス窓のおかげで、光が降り注ぎ、現代的な場にしています。大胆でエレガント、オリジナルな装飾もお忘れなくチェックしてみましょう。
この場所は4つのスペースに分かれています。250㎡の大きなメインロフト。そのうちの80㎡がハイテクキッチンと、あらゆる快適さを詰め込んだ35㎡の小さなロフト3つ、オフィススペースとメザニンです。コンシエルジュが希望に対応。心配事から全て解放されます。
ル・テレキャビンの名は、テラスにつられた「卵」から来ています。これは、チャリティセールで購入した2つのアルプスの有名な「悪魔のゴンドラ」の名残です。

ル・テレキャビン(Le Télécabine
48, rue des Charmettes
69100 Villeurbanne

電話番号:+33 (0) 7 51 64 71 91

www.letelecabine.com/

ロフト客室:1週間550EUR~