魅力的な虫の世界、Le Planeur Bleu

美術館・博物館
魅力的な虫の世界、Le Planeur Bleu

博物館、そして同じ名を冠した団体が、仏領ギアナ固有の蝶や数多の虫の素晴らしいコレクションを展示しています。

カカオの街に住んで25年の、学校教員フィリップ・ソレールが、この展示博物館の原点です。人生の4分の1をエコシステムと人との関係に至る、虫の研究に捧げた後、その特異性を借主たちに見せ、いくつかの貴重な数を明らかにしました。今現在、地球上に生きる虫の数はおよそ3~800万種に及びます。めまいのするような数です。特に熱帯での数が多く、仏領ギアナは研究するのにとても良い位置にあります。

自然な住まいを再現していて、滅多に見ることのできない珍しい虫からタランチュラ、スズメバチ、巨大サソリのような恐ろしいものまでいます。蝶たちは目を楽しませてくれ、ビオトープとの共生や素晴らしい擬態も見せてくれます。

また、アメリカインティアンの陶芸や、一番古いものは17世紀にさかのぼる砂金採取場跡地も必見です。

Le Planeur Bleu
Bourg de Cacao
97352 Roura

電話番号 : +594 (0)5 94 27 00 34