川岸でランチ、Le Pakira

伝統的
川岸でランチ、Le Pakira

カイエンヌの北、シナマリーの街は、ガリビインディアン領で、未知の部分が多いところです。彼らの神秘的な文化や口伝の伝統は、時間と共に消えつつあります。

このアマゾンの街の歴史は、フランス人の入植者が大量に押し寄せた1624年に始まり、その中にはオーヴィニュ婦人がいました。彼女の娘、フランソワーズは、ルイ14世の秘密の妻、マントノン婦人となる運命を受けていました。18世紀末のゴールドラッシュでは、激動の中、富を求めた人を引き付けて、今は観光都市となっています。落ち着いた魅力は、自然愛好家や工芸家、金細工師やかご編み職人、木彫り職人にとても愛されています。

川の土手に心地よいテラス付のPakiraは、本物の田舎風の環境の中、クレオールの家庭料理で周りを一体化させます。

異なるセットメニューで、香辛料や地元のジビエ料理をお試しください。 アルマジロ、パキラ、アグティなどの地元のジビエや、有名なパキラのフリカッセ、イノシシの小豆添えなどのギアナのクラシックな料理をご堪能ください。

ル・パキラ ( Le Pakira )
22 rue Constantin Verderosa
97315 Sinnamary

電話番号 : +594 (0)5 94 34 50 49

メニュー:約 15EUR