世界的に有名なラ・ランブラを散策

ファミリー - 散歩
世界的に有名なラ・ランブラを散策

2017年の悲劇を忘れることはできませんが、この地区はいまも変わらずバルセロナで最も愛されている場所です。

カタルーニャ広場からゴシック地区とエル・ラバルを通り、港まで2km近くにわたって伸びるバルセロナの有名な大通り。ラ・ランブラは間違いなくバルセロナで最も有名な遊歩道の1つといえるでしょう。

ラ・ランブラはアラビア語で「急流」や「砂」を意味する「 raml 」から派生した名称で、元は「マラの小川」という名前で知られていた川を指していました。15世紀に街の城壁を建設した際、この川は元の場所から迂回させられますが、ランブラ川の川床は距離の長い大通りに生まれ変わりました。観光、文化、歴史の中心であり、毎日何千人もの人が渡るラ・ランブラ。バルセロナのこの有名な大通りでは、様々な行事も開催されます。

ラ・ランブラ(La Rambla)は、それぞれ名前の違う複数の区間から成り立っているため(ラ・ランブラ・デ・カナレテス、ラ・ランブラ・デル・セストゥディス、ラ・ランブラ・デ・レス・フロール、ラ・ランブラ・デルス・カプチンス、ラ・ランブラ・デ・サンタ・モニカ)、複数形「Las Ramblas」と表記されることもあります。