『ラス・ベンタス闘牛場』、共和党員のマドリード

建造物
『ラス・ベンタス闘牛場』、共和党員のマドリード

フェデリコ・ガルシーア・ロルカの『哀悼歌』が、共和政権下で落成された新ムーア様式の「ラス・ベンタス闘牛場」を装います。

共和制である限り、闘牛はこの場に留まります。マドリードの情熱。1934年8月11日、マンサナーレス闘牛場で、闘牛グラナディーノが、闘牛士イグナシオ・サンチェス・ メヒーアスに大怪我を負わせてしまいます。8月13日、彼は傷の壊疽が原因でこの世を去りました。

その際に、友人であったフェデリコ・ガルシーア・ロルカが 『イグナシオ・サンチェス・メヒーアスへの哀悼歌』を書き上げます。この詩の発表は、マドリードで11月4日に行われました。この詩は、劇作家、知識人でもあり音楽そして人生を愛したセヴィーリャ人闘牛士の運命を想起させます。

最後の詩節をぜひ記憶に留めてください:『彼のような人物が再び生まれてくるまでには長い時間が必要に違いない/ 冒険に究めて明白で才能あるアンダルジア人。私はうめき声と共に彼の優雅さを謳う / そしてオリーブの木々の中での悲しみの微風を思い出すのだ。』。「ラス・ベンタス・デル・エスピリトゥ・サント闘牛場」のタイルを踏みしめた瞬間、この詩節が記憶の中に特別な閃光を走らせるに違いありません。

ラス・ベンタス闘牛場(La Plaza de Toros de las Ventas)
Calle de Alcalá, 237
28028 Madrid

電話番号 : +34 913 56 22 00

www.lasventastour.com/en/