ラ・プティット・フランス、水上に広がる魅惑の界隈

散策
ラ・プティット・フランス、水上に広がる魅惑の界隈

グランド・イルの南に広がるもっとも風情あふれる旧市街区。大部分は、第二次世界大戦時に破壊されました。

長期の復興工事を経て、以前の様相が復興されました。かつてこの庶民的な地区は、一日中賑わいを見せました。イール川のデルタに位置することから、水車と複雑な水路の設置が促され、漁師や製粉業者、皮なめし職人らがこの地を拠点に据えました。

光り輝く朝、大通りを離れた小さな石畳の路地を歩き、その軌跡をたどってみてください。バン・オ・プラント通りや、フォセ・デ・タヌール通り、ムーラン通りには中世の記憶が残されています。

過去の記憶をたどるこの道筋には、いくつかの見逃せないスポットがあります。
ヴィンステュブ、日々ビールが際限なく消費される伝統的なタベルナにぜひ立ち寄ってみて下さい。古物商、ギャラリー、アーティザンの店も軒を連ね、昔ながらの伝統が忠実に残されています。16-17世紀に建てられたハーフティンバー式の家屋もお見逃しなく。その美しいシルエットが水面に反映されています。

ラ・プティット・フランス(La Petite France
67000 Strasbourg

自転車タクシーによるプティット・フランス観光をご予約される場合はこちらをクリックしてください