コルシカ島のお料理

公開日 

コルシカ島のお料理

伝統の食文化をもつこの地、コルシカ島では、グルメも称賛する家庭的で洗練されたお料理が味わえます。アジャクシオから、 この île de Beauté(美の島)の郷土料理の発見の旅に出てみましょう。

コルシカ島のお料理

アジャクシオの素顔

グルメの旅は アジャクシオ のレストラン、20123で始まります。素朴なインテリアの中、味わい豊かな地中海の食材を組み合わせた本物のお料理は、昔のコルシカ島の彷彿させることでしょう。伝統の歌がムードを盛り上げる中でいただく子羊のオーブン焼き、子牛のオリーブ入りシチューなどはいかがでしょう?デザートの前に、羊の乳からできた ブロッチュなど、地産のチーズをぜひご賞味ください。

そこから、アジャクシオ湾の南側のにぎやかな町、ポルティッチョにある典型的で魅力のあるレストラン、 ル・ピアノ・シェ・トワヌ に行ってみましょう。この店の気さくな主人に迎え入れられ、心地良いテラスのテーブルに案内されます。メニューを手にしたら、土・海ともどもこの地方で採れた食材を使ったコルシカ料理をお試しください。蜂蜜入りの子牛の蒸し煮、リンゴとイチジクのロースト、クリスピーなウニのラタトゥイユ添え、心ゆくまでご堪能ください!

ル・20123(Le 20123)
2 rue du Roi de Rome
20000 Ajaccio
+33 (0)4 95 21 50 05
www.20123.fr/

ル・ピアノ・シェ・トワヌ(Le Piano Chez Toinou)

Les Candilelli
20166 Porticcio
+33 (0)4 95 20 87 93
facebook.com/chez.toinou/

コルシカ島のお料理

コルテで山の本格料理を

次に向かう コテッジ 風レストラン「オーベルジュ・ドゥ・ラ・レストニカ」は、島の山間の中心部にある 人里離れた絵のような村、コルテ の外れにあります。目を見張るような峡谷を眼下にするこの場所は、食欲をさそうコルシカ料理で活力をつけたいハイカーにぴったりです。まずはアスパラガスとパンチェッタのサラダのカシスドレッシング和え、次に牛のフィレ肉にコニャックでフランベし、チーズを添えたこの店の花形料理、「フィレ・レストニカ」をどうぞ。友人同士、またはご家族でお楽しみください。

オーベルジュ・ドゥ・ラ・レストニカ(Auberge de la Restonica)

Route de Restonica
20250 Corte
+ 33 (0)4 95 46 09 58
www.aubergerestonica.com/

コルシカ島のお料理

ポルト・ヴェッキオで

ターブル・ドゥ・カーラ・ロッサは オスペダル森(Forêt de l'Ospédale) での散歩の後のグルメディナーにちょうど良い場所です。レストラン所有の野菜畑で育った食材のみを巧みに組み合わせるシェフ、パスカル・カイユー氏による美味しくて洗練された料理をご堪能ください。手長海老の蒸し煮バーベナ風味、または鳩の腿肉のオリーブオイル・コンフィと栗のニョッキはいかがでしょう?

軽食をお望みの場合は、ホテル内の別のレストラン「ピアティーニ」をどうぞ。シトロネラ塩風味の現地産の海老、トリュフ味のハム入りクロックムッシュ、または夏野菜とキイチゴの カポナータ など。ピロティの上に作られた格好のテラスで、水際に心地良く座りながら美味な軽食を味わいましょう。

グラン・トテル・ドゥ・カーラ・ロッサ(Grand Hôtel de Cala Rossa)
20137 Lecci de Porto-Vecchio
+33 (0)4 95 71 61 51
www.hotel-calarossa.com/fr

コルシカ島のお料理

カルヴィで気分はイタリア

コルシカ島北西岸の町、カルヴィの湾に位置する「オクトパシー」では、シンプルでモダンな料理を際立った地方色で引き立たせています。
城塞(La citadelle) から港と湾の見事なパノラマを目の前にするテラスに座って、かの有名なオーガニックサーモンのパヴェの鉄板焼きを、独特な酸味のある現地産ロゼワイン「クロ・カナレーリ」と一緒にお楽しみください。デザートには、 カニストレリîle de Beauté(美の島) の代表的ビスケット)でリメイクしたイタリアのティラミスがお勧めです。

オクトパシー(Octopussy)
Chemin de la Pinède
Plage de Calvi
20260 Calvi
+ 33 (0)4 95 65 23 16
plage-octopussy.com/