金沢市、石川県の小さな真珠

芸術と文化
金沢市、石川県の小さな真珠

魅力的な街金沢市は、欠かせない3つのアトラクションを中心に発展しています。それらは玉泉院丸庭園、兼六園、金沢21世紀美術館です。

石川県の県庁所在地金沢市は、山と海に囲まれており、巨大な公園がある街です。通年オープンしており、街を臨む丘を快適に散歩することができます。その中心にあるのは、16世紀から加賀藩(現石川・富山県)前田家の居城となっていた城。
その近くには、広さと美しさで日本三大庭園の1つに数えられる兼六園があります。11.4ヘクタールを誇るこの庭園は、前田家が造ったもので、何世紀にもわたり保存されてきました。
金沢21世紀美術館は建築事務所SANAAが手掛けたものです。この建築事務所はまた、ルーヴル美術館ランス別館や新しいニューヨーク近代美術館を手掛けたことでも知られています。2004年にオープンしてから、世界中のアート愛好家や初心者に関わらず、この素晴らしいにはたくさんの人々が足を運んでいる、金沢を文化大都市にする美術館です。

金沢城
〒920-0937 石川県
金沢市丸の内1番1号

+81 (0)7 6234 3800

www.pref.ishikawa.jp/siro-niwa/kanazawajou/

兼六園
〒920-0936 石川県
金沢市兼六町1

+81 (0)7 6234 3800

www.city.kanazawa.ishikawa.jp/meisyo_e/kensyuhen/kenroku/kenrokue.html

金沢21世紀美術館
〒920-8509 石川県
金沢市広坂1丁目2−1

+81 (0)7 6220 2800

www.kanazawa21.jp/en