ジュランソン、ワイン街道散策

グルメな散策
ジュランソン、ワイン街道散策

ジュランソンが、再びワインファン脚光を集め、若きワイナリー業者によって、優れた出来のワインに昇華されています。

その名はジュラではなく、ポーの隣街ジュランソンから来ています。いわばこの街が、もともとのテロワールとなります。このゴールドワインを愛したベアルンの代々の領主が、ワイン園を所有していました。伝説によれば、アンリ4世が自身の洗礼式の際に飲んだといわれています。やがてブドウ園は老朽化をたどりましたが、1990年代、若年のワイン業者によって再びブームを迎えることができました。

ジュランソンの色調と味わいについて有名シェフに尋ねてみてください。辛口ワインであれば白桃と炒ったアーモンドのアロマやエニシダとアカシアの繊細な香りについて。甘口であれば、はちみつと砂糖漬けの果物のアロマについて言及されることでしょう。ジュランソンは、マンサン、プティマンサン、プティクルビュ、クルビュをぶどう種としています。ぶどう苗はテラスや段丘上の土地で栽培され、日当たりのよい背斜谷に植えられています。

見た目に美しく、味わい豊かなワイン。ワインルートをたどってみましょう。ラドゥールのサーモンや山間の鱒と抜群の相性を有するこのワインをぜひご賞味ください。

ジュランソン ワインテロワール館 Maison des Vins et du Terroir de Jurançon
Rue de l'Eglise
64360 La Commande

電話番号 : +33 (0)5 59 82 70 30

www.vins-jurancon.fr/index.php?langue=en