植民地時代の家の魅力、Hôtel des Palmistes

魅力
植民地時代の家の魅力、Hôtel des Palmistes

歴史的建造物に指定されている、19世紀末のクレオ―ルの伝統的な建物が、 Palmistesのカルト的な場所を眺望する、魅力的なホテルになりました。

仏領ギアナの歴史、当時の重要人物を迎える栄誉を持ったこのホテルは、建物の建築による伝統的なスタイルと、モダンなエレガンスが同居して、のんびりしたり、休憩に最適な場所です。

家は、歴史の重みがある雰囲気を共有できるような、最高に美しい装飾品で飾られています。本物へのこだわりとして、こちらの建物では国産の木の床や、大きなボリューム、時の経過により錆た、当時の趣のある鉄製品を保全しています。広々としており、部屋9部屋と植民地時代の家具に特徴があります。空調も完璧で、サテライトTV、ミニバーやコーヒーメーカー、電気ケトルも完備しています。

地上階には、1903年からスタンダードとなっているレストランやバーがあり、地元の中産階級や旅行者が定期的に通い、町で一番活気のある場所です。

ホテル・デ・パルミスト ( Hôtel des Palmistes )
12, avenue du Général de Gaulle
97300 Cayenne

電話番号 : +594 (0)6 94 03 05 98

www.palmistes.com

1 泊:125 EUR~