大司教の旧住居、「ホテル・チェステリ」

おすすめ
大司教の旧住居、「ホテル・チェステリ」

アルノ川にも至近、とてもシックなトルナブオーニ通りの裏に堂々と居を構える1つ星ホテル。このホテルの入り口でタバコの火を消す価値はあります。

E・M・フォースターの名高い小説の中で、アルノ川の眺めと共にヒロイン、ルーシー・ハニーチャーチが河岸の眺めを望める部屋を取れなかったことを悔しがります。そんな残念な経験を避けるには、アルノ河岸側のスイートルームをご予約ください。イギリス文学の小さな宝石、フォースターの小説を読んだり、読み返したりするには良い機会です。

14世紀の宮殿に囲まれた重要な大司教の住居であり、コジモ2世・デ・メディチの書斎であったこの建物では、4名様をお迎えできる名高いスイートルームを含む全8客室を提供しています。1940年代のウォールランプで照らされ、マホガニー製のとても快適なベッドや大きな鏡で飾られた客室。朝食は、とてもおいしくボリュームたっぷり。朝食ルームが笑顔で溢れます。全てがパーフェクトなホテルです!

ホテル・チェステリ(Hotel Cestelli
Borgo Santissimi Apostoli, 25
50123 Firenze

電話番号 : +39 055 214 213

http://www.hotelcestelli.com/1jWelcome.html

客室:35 EUR~