ドメーヌ・ド・ラ・シニョリア(La Signoria)の非常に繊細な高級ガストロノミー

地中海料理
ドメーヌ・ド・ラ・シニョリア(La Signoria)の非常に繊細な高級ガストロノミー

ヤギとイセエビが特産の地方で、才能豊かなシェフ、アレクサンドル・ファブリ(Alexandre Fabris)が地中海料理のあらゆる味を堪能できる味覚の旅へと連れ出してくれます。

カルヴィ湾(Calvi)の緑豊かなボニファト渓谷(Vallée de Bonifato)を臨むかつてのジェノバのドメーヌは、ジャン=バプティスト・セカルディ(Jean-Baptiste Ceccaldi)により全面改修され、ラグジュアリーで非常に人気のあるホテル、ラ・シニョリア(La Signoria)として生まれ変わりました。この魅力あふれるホテルは、ひっそりとしたエレガントな雰囲気でゲストを迎えてくれます。

クリーム色の大きなパラソルで日陰になったテラスでは、テーブル席の前に周囲の山の荘厳な姿が広がります。オークルとパウダーベージュのトーンで飾られた室内にずっしりと構えるのは、巨大な暖炉。ファブリス(Fabris)シェフが作り出す限りなく繊細な料理を堪能するには、完璧な環境。カップ・コルス産手長海老とキャビアのショーフロワ、オオカミウオの切り身のセップ茸マーマレード添え、スグリとキノコを添えた小鹿のロースト・・・。この素晴らしい料理に合わせて、ソムリエがカーヴから厳選したコルシカワインを勧めてくれます。締めくくりのスイーツには、栗のふわふわスフレを試してみて。

11月5日~3月31日は年次休業です。

ラ・パルムレ・ドゥ・ラ・シニョリアLa Palmeraie de La Signoria
Route de la forêt de Bonifato
20260 Calvi

電話番号:+33 (0)4 95 65 93 00

ランチメニュー:55EURと70EUR

ディナーメニュー:約120EUR

www.hotel-la-signoria.com/en/