一味違ったパリを楽しむルーフトップバー5選

公開日 

一味違ったパリを楽しむルーフトップバー5選

屋上で過ごすパリの夏。上階に上がって、隠れ家テラスや緑豊かなテラス、グルメなテラスやお祭り気分のテラスなどを発掘してみてください。

一味違ったパリを楽しむルーフトップバー5選

ジャルダン・シュスパンデュ(空中庭園)、意表をつく緑あふれる空間

6月末よりパリ最大のルーフトップバーを満喫しましょう。2018年の大成功で知られるジャルダン・シュスパンデュ。ポルト・ド・ヴェルサイユにある手つかずの駐車場ビルの9階にて、うたかたの体験を再現すべく6月より新シーズンがスタートします。高さ27メートルに位置する3 500 m2の広大なスペースには、オリーブやレモンの木、サボテンそしてカエデの木などが並びます。昨年よりも多くの緑が溢れる場所を目指しクリエーター達がその情熱を注いだ緑の空間にどっぷり浸ってみてください。

物思いにふけるなら、ベンチに腰を下ろし、DJがセレクトした音楽に酔いしれましょう。軽く体を動かしたい方には、ヨガのレッスンやアペリティフ・フィットネスへの参加がおすすめです。1時間、体を動かした後の一杯はたまりません。小腹がすいたら、フードスタンドをその時の気分に合わせて吟味。夕暮れ時には、カラフルな巨大クッションで寛ぐのがおすすめです。野外シネマが間もなくスタートします。

ジャルダン・シュスパンデュ(Jardin Suspendu
40 rue d'Oradour sur Glane (通り正面の駐車場内)
75015 Paris
France
www.lejardinsuspendu.paris

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

一味違ったパリを楽しむルーフトップバー5選

エッフェル塔を目の前にした、テラスホテルでの朝食

今日はパリと二人きりのランデブー。朝一でビュット・モンマルトルのルピック通り近くのホテルへ。アールデコ様式の美しい建物では、パリ滞在でのハイライトのひとつが待ち受けています。テラスホテルの8階に着くや否や、感動で我を忘れることでしょう。朝日で輝く優美なエッフェル塔と共にパリ全体を望むパノラマ風景が広がる緑のテラス。この壮大な景観に目がくらみます。

この素晴らしい風景を満喫した後は、ペーストリー、フレッシュフルーツ、チーズなど、ボリュームたっぷりの朝食ビュッフェをご堪能ください。日替わりのミニプレートも用意されています。

たとえ朝寝坊をしても、心配は無用。15時30分に開店するバーにて、ディナーまでのひとときをお過ごしいただけます。チーフバーテンダーのエムリック・アギラーが提案する、新鮮なラズベリーの苦味が高級シャンパンのエアリーな口当たりとアプリコットジュースの甘さに溶け込んだクリエイティブなカクテル「ムーラン・ルージュ」。パリの屋根の下、ハンギングチェアで寛ぎながら、ゆっくりとお飲み物をお楽しみください。ビリヤードやテーブル・フットボールで一戦交わしてみるのもいかがでしょう?さあ、テーブルの用意ができました!「光の街」の名の通りのパリの陶酔するような風景を目の前に、シェフ、エリック・ルティと彼のスタッフが作り出すネオビストロ料理をご堪能ください。

テラスホテルTerrass'Hotel
12-14 rue Joseph de Maistre
75018 Paris
France
電話番号:+33 1 46 06 72 85
www.terrass-hotel.com/en

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

一味違ったパリを楽しむルーフトップバー5選

ル・バルコンから見る別の角度からのパリ

パリ東部にあるアルミで覆われた流動的な外観が素晴らしい建築の傑作。そこには街の喧騒から逃れた現代的な隠れ家があります。フィルハーモニー・ド・パリの7階にあるレストラン、ル・バルコンのテラスに逃避行。ジャン・ヌーヴェル設計のスタイリッシュな展望台からは、ラ・ジェオードやシテ科学産業博物館などのあるラ・ヴィレット公園を望む眺めが広がります。パリの新しい風景を前に、元気を取り戻しましょう。

また、建築家フレデリック・ドリュオが手掛けた温かみのあるインテリアに羨望の眼差しを向ければ、ガラス張りの厨房内でのスタッフの絶え間ない動きを見ることのできる手の込んだ演出が楽しめます。重厚な中央のバーにて、アラカルトのワインについてのアドバイスを受けましょう。ル・バルコンではフランスのワイン産地を前面にアピール。中にキウイ、青りんご、パッションフルーツ、ワカモレを巻き込んだ、牛のカルパッチョ巻き寿司風によく合うメヌトゥ・サロンの赤がおすすめです。

テラスにて、グルメなひとときを満喫しましょう。

レストラン・ル・バルコンRestaurant Le Balcon
フィルハーモニー・ド・パリ 7階
221 avenue Jean Jaurès
75019 Paris
France
電話番号:+33(0)1 40 32 30 01
www.restaurant-lebalcon.fr

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

一味違ったパリを楽しむルーフトップバー5選

ホテル・ナショナル・デ・ザール・エ・メティエでのコージーなひととき

心地良いソファに丸まって、パリで最も美しいアーバンビューをじっくりと眺めましょう。階下ではオスマン様式の建物群に囲まれたポンピドゥーセンターがその確固とした近代的な姿を保ち、遠くにはレピュブリック広場、ルーヴル美術館エッフェル塔などを見渡せます。あなたは、ホテル・ナショナル・デ・ザール・エ・メティエにある寛いだ雰囲気のルーフトップバーへのアクセスの特権を与えられた30名の一人です。

流行に敏感なパリっ子たちの新しい隠れ家であるこの注目スポットは、モントルグイユと北マレが交差する、おしゃれなサント・アヴォワ地区にひっそりと佇んでいます。時を感じさせないテラスで日常から抜け出しましょう。ブロンド色のウッド、白配色のクッション、たくさんの緑に覆われたエレガントなオアシス。おつまみの代わりに、ヴェネツィア風タパス「cicchetti」の盛り合わせをご賞味あれ。料理のお供にはベリーニがおすすめです。夢のようなパノラマ風景を目の前にした貴重なひとときに酔いしれましょう。

ホテル・ナショナル・デ・ザール・エ・メティエHôtel National des Arts & Métiers
243 rue Saint Martin
75003 Paris
France
電話番号:+33(0)1 80 97 22 80
www.hotelnational.paris/en/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

一味違ったパリを楽しむルーフトップバー5選

イタリアの雰囲気漂うオートゥイユ・ブラッスリー

シックな16区の中心にあるエレガントなオートゥイユ・ブラッスリー。旧鉄道駅の全敷地を利用した改装を終え、ニューアルオープンしました。事前に予約をすれば、屋上に隠された神聖なテラスにて素晴らしい夜を過ごすチャンスを得ることができるでしょう。キャンドルに照らされた大きな階段を上がれば、そこには外部の視線から遮られた素敵なルーフトップバーが現れます。

植物や花々があふれる緑の空間に漂う田舎の雰囲気。バカンスを過ごしているような気分を味わえます。豪華なクッションのベンチに場所を取れば、庇が夏の日差しを遮ってくれます。イタリア式の「ドルチェ・ヴィータ」を満喫しましょう。スプリッツで陽気な日々に乾杯。メニューには、グルメなピザやイタリアの名物料理が並び、食欲をそそります。自家製ミニトマトのコンフィとモッツァレッラ・ディ・ブーファラの盛り合わせをぜひお試しください。パリ の街並みには、多くのサプライズが用意されています。

オートゥイユ・ブラッスリーAuteuil Brasserie
78 rue d'Auteuil
75016 Paris
France
電話番号:+33(0)1 40 71 11 90
www.auteuil-brasserie.com/ja/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~