水族館の決定版、ファカラヴァ

エスケープ
水族館の決定版、ファカラヴァ

ツアモツ諸島のファカラヴァのラグーンは、豊かな植物相、そして水陸上の生物を守るため、ユネスコエコパークとして登録されています。

2006年に、ファカラヴァ及び近隣の環礁はユネスコの生物圏保護区として、世界遺産に登録されました。環礁、広大な太平洋に伸びた、白や一部ピンクの砂のラグーンで構成されており、最も美しい水族館に値する潟に縁どられています。

自然の愛好家は、ファカラヴァの陸上、水中の素晴らしさを祝福します。アンリ・マティスは1930年代にここを訪れましたが、あまり旅行者の出入りがありません。島には希少な鳥類、亀、甲殻類や魚類が住んでおり、汚染から保護された中、木や植物が生えています。どのレベルのダイバーも、華麗な水中に魅了されます。最も鍛えられたダイバーは、1キロ半以上の広さで、彩のある珊瑚、バリスタ、サメ、巨大なエイが密集する、ガルアエ(Garuae)まで探索できます。