アンネ・フランクの家を知る

美術館・博物館
アンネ・フランクの家を知る

ナチス支配下で15歳で他界したアンネ・フランクは、隠れ家の小さな部屋で日記を記しました。

無感情でここを訪れることはできないでしょう。2年間、家族と隠れて住んでいたアンネは、1942年から1944年の日常生活を、想像上の友人に宛てた日記の形式で残しました。 1942年10月、彼女はこう綴っています。「今日は、もう一つがっかりするようなことを伝えなければならないわ。ユダヤ人の友達の多くが、少しずつゲシュタポに連れていかれているの」 同じことが家族にも起こります。密告により逮捕され、ベルゲン・ベルゼン強制収容所に送られたアンネは、1945年3月に腸チフスで15歳でこの世を去ります。たった一人生き残ったのは彼女の父親だけでした。彼女の死後出版されたこの日記は、世界的なベストセラーになりました。

彼女の私物、日記の抜粋がここに展示され、悲劇の時代を伝えています。お子様の歴史の勉強にも良い場所です。

アンネ・フランクの家(Maison d'Anne Frank)
Prinsengracht 263-267
1016 GV Amsterdam

電話番号 :+31 (0)20 556 7105

www.annefrank.org