ダム広場

散歩
ダム広場

ぶらぶらしたり、王宮のファサードを眺めたり、横切ったり。そこは街の中心地のダム広場。

ダムという名前はオランダ語で、13世紀に アムス川に建設され、街の起源となったダムを彷彿とさせます。長い間、それは街の強さの象徴でした。

アムステルダムの主要な広場であるダム広場は、かつての姿のまま非常に人通りの多い中心地として残っています。待ち合わせの場でもあり、歴史的な場所でもあり、商業地でもあるのです。友達と会った散歩を楽しんだり、とりわけ王宮全体に施された装飾が美しいファサードを眺めたり。その横には、 15世紀に建築されたアムステルダム新教会が あります。ゴシック様式のこの教会は、過去に何度か修復されています。ここでは、オランダ国王の戴冠式が行われてきました。かなり禁欲的な装飾と、1648年のバロック式の説教壇とオルガンに特にご注目ください。

夏になるとバギーを押した家族連れや音楽家、売り子、そしてスリでごった返します。そのため、心静かに歩き回るには注意が必要です。

ダム広場(Place du Dam)
Dam 2
1012 NP Amsterdam