アレクサンドル・デュマの足跡を追って訪れるシャトー・ディフ

散策
アレクサンドル・デュマの足跡を追って訪れるシャトー・ディフ

16世紀にフリウル島に面したイフ島に作られた要塞。

アレクサンドル・デュマと彼の小説の登場人物エドモン・ダンテス、つまりモンテクリスト伯爵により有名なシャトー・ディフは、年間100,000人が訪れるマルセイユ有数の観光地です。この島は、フリウル諸島の1つで錨泊地に面しており、長い間海上防衛拠点の1つとなっていました。

4つあるこれらの島にはそれぞれ、電源とトレンチ、見張り台が設置された要塞があります。国王フランソワ1世の命令により、

シャトー・ディフとその要塞は1527年~1529年に建設され、マルセイユで初めて王族が建設した要塞となりました。3階建ての四角い構造、3つの塔それぞれに、大きな砲眼が設置されており、 建物は基本的に牢獄として使用されました。城壁は高く、断崖絶壁を臨む 大砲台により、 脱獄は
不可能です 。

軍属建築家ヴォーバンは1702年、警備隊宿舎「ヴォーバン兵舎」を加えました。ここは、1926年に歴史遺産に登録されました。

シャトー・ディフ(Château d'If
フリウル・イフ埠頭(Embarcadère Frioul If)
1, quai de la Fraternité
13001 Marseille

電話番号:+33 (0)6 80 52 75 96

電話番号:+33 (0)6 03 06 25 26
電話番号:+33 (0)4 91 59 02 30

http://www.chateau-if.fr/en/