プロヴァンスで100 % ピカソな夏

公開日 

プロヴァンスで100 % ピカソな夏

マルセイユ、エクス=アン=プロヴァンス、レ・ボー、アルル・・・今年の夏はピカソを取り上げた展覧会を巡りながら、フランス南部を旅行してみませんか?絵画の世界に浸る見学コースからキュビスム作品の鑑賞まで、最高の散策をお楽しみいただけるはずです。

プロヴァンスで100 % ピカソな夏

パブロ・ピカソと旅する

夏の文化散策は、マルセイユで「ピカソ、国境のない想像の旅(Picasso, Voyages imaginaires sans frontières)」のタイトルで開催されている2つの展覧会から始めてみてはいかがでしょう。この2つの展覧会では、アーティストが訪れたヨーロッパの旅の思い出を彷彿させる作品だけでなく、アフリカ、中東、ボヘミア地方への想像の旅を描いた作品も鑑賞できます。絵画、彫刻、デッサンやアサンブラージュで構成された展示は、サントル・ドゥ・ラ・ヴィエイユ・シャリテと
ミュセムの2カ所で2018年6月24日まで開催されています。この展覧会を通して、スペインの偉大な芸術家の国際色豊かな世界を堪能しましょう。

サントル・ドゥ・ラ・ヴィエイユ・シャリテ(Centre de la Vieille Charité)

2 rue de la Charité
3002 Marseille
+33 (0)4 91 14 58 56

vieille-charite-marseille.com/expositions/picasso-voyages-imaginaires

ミュセム(Mucem)
7 promenade Robert Laffont
13002 Marseille
+33 (0)4 84 35 13 13
www.mucem.org/programme/exposition-et-temps-forts/voyages-imaginaires-picasso-et-les-ballets-russes

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

プロヴァンスで100 % ピカソな夏

エクス=アン=プロヴァンスで、キュビスムとダダイスムの芸術的な違いを比較

エクス=アン=プロヴァンスの旧市街から数キロに位置するグラネ美術館では、ピカソとピカビアの芸術的観点を比べてみましょう。ピレネー地方の向こうからやってきた二人の天才画家の最高傑作が展示された展覧会「ピカソ/ピカビア、絵画の歴史(Picasso/Picabia, Histoire de peinture)」では、二人の画家の人生の中でも重要な出来事が時系列に辿られています。相反していた二人のライバル心で成り立った関係を中心に、二人が代表的な画家として知られるキュビスムとダダイスムという美術界の二つの動向も取り上げています。このすばらしい展示会は、2018年7月7日から9月23日まで鑑賞できます。

グラネ美術館(Musée Granet)
Place Saint-Jean de Malte
13100 Aix-en-Provence
+33 (0)4 42 52 88 32

www.museegranet-aixenprovence.fr/expositions/prochainement/picasso-picabia.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

プロヴァンスで100 % ピカソな夏

レ・ボー=ド=プロヴァンスで絵画に浸る

まったく別の形で絵画を鑑賞してみたいと思いませんか?レ・ボー=ド=プロヴァンスで2019年1月6日まで開催されている衝撃的なデジタル展示会で、絵画に浸ってみましょう。このデジタル展示会では、ピカソだけでなく、ゴヤ、ソローリャ、ルシニョールやスロアガなどスペインを代表する画家の作品が取り上げられています。一世紀にわたるイベリア絵画を散策するかのように構成されたこの斬新な回顧展では、石灰岩の壁を巨匠達のキャンバスに見立て、名画の数々を新しい角度から鑑賞し、再発見することができます。驚きに輝く見学者の目の前を、数々の作品が動き回ります。美術館の明るい壁に映し出される映像を見ていると、見学者まで絵画に描かれた人物の一人のように思えてきます。ビゼーやドビュッシーといった偉大な音楽家の厳選された楽曲を聞きながら、忘れられない体験をしてみましょう。

レ・キャリエール・ド・リュミエール(Les Carrières de Lumières)

Route de Maillane
13520 Les Baux-de-Provence
+33 (0)4 90 49 20 03

carrieres-lumieres.com/fr/picasso-et-maitres-espagnols

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

プロヴァンスで100 % ピカソな夏

アルルでは、絵画に描かれた太陽に注目

ファン・ゴッホが暮らした街で、フォンダシオン・ファン・ゴッホが開催する企画展「熱い太陽、遅い太陽」(2018年10月28日まで開催)を見学してみましょう。この展示会では、ゴッホと地中海、太陽の関係を取り上げています。ピカソやファン・ゴッホだけでなく、ジグマー・ポルケやジョルジョ・デ・キリコ、アレクサンダー・カルダーやエテル・アドナンなどのモダニズムやポストモダンの巨匠の作品も鑑賞できます。

2022年頃には、マルセイユからほど近いエクス=アン=プロヴァンスの旧ドミニコ会修道院にピカソ美術館が開館予定です。それまでの間、すばらしい展示会の数々を鑑賞することができます。新しいピカソ美術館は、スペインを代表する画家の世界でも最も重要なコレクションが展示される予定です。

 

フォンダシオン・ファン・ゴッホ(Fondation Van Gogh)
35 ter rue du Docteur-Fanton
13200 Arles

+33 (0)4 90 93 08 08

www.fondation-vincentvangogh-arles.org/expositions/soleil-chaud-soleil-tardif/