安心・安全な旅のための当社の衛生対策

お客様の健康と喜びは私共の最優先事項です。新型コロナウイルス感染症(Covid-19)に対応するため、当社では地上でも機内でも最も厳しい衛生対策を実施しています。「エールフランス・プロテクト」のラベルの下に結集し、衛生状況の変化に応じて定期的に変更されます。皆様をお迎えするために、地上係員および機内チームは全員サージカルマスクを着用し、衛生上の規則と他の予防策を厳守しています。

以下の推奨事項を参考にして、安全な旅の準備をしてください。

エールフランス航空は、Skytraxの新型コロナウイルスにおける航空保安ランキングで4つ星を取得しています。

Skytrax

Skytraxの新型コロナウイルスにおける航空保安ランキングは、各航空会社の空港および機内での衛生対策をランク付けして評価しています。エールフランス航空は、2020年12月に航空輸送の評価を行う国際組織、Skytraxが行った監査で、4つ星を取得しました。

AVANT LE DÉPART

ご出発前

フランス発着便のご利用条件
2021年1月31日以降、やむを得ない理由がある場合を除き、フランス領内から欧州域外の国へ出国することは禁止されています。渡航には、特例国際移動証明書とやむを得ない理由を証明する書類が必要です。空港に向かう前に、証明書を印刷して記入しておくことをお勧めします。 

国際移動証明書をダウンロードしてください

また、フランス本土とフランス海外県・海外領土間の移動の条件も変更されました。新たな条件や認可された検査の種類は、 TravelDocをご覧ください。.

コルシカ島に渡航する場合は、72時間以内のPCR検査が陰性であることが必要です。その他の国内線では検査は必要ありません。 

フランスでは、衛生状況により移動制限(外出禁止令、ロックダウン)が発動されています。詳しくは、仏政府ホームページをご覧ください。制限期間中にフランス領内を旅行するには、特例移動証明書と航空券を提示する必要があります。

特例外出証明書をダウンロードしてください

入国・滞在条件を確認する

フランスの本土および海外領土への入出国には、シェンゲン圏内を含めて、渡航書類と直近の新型コロナウイルス検査の陰性証明書が必要になる場合があります。ご旅行の前に、TravelDocの公式サイトで入国・滞在条件を確認されることを強くお勧めします。

また、出発国、乗継国、渡航先国大使館のウェブサイトやフランス外務省のウェブサイトの旅行者向けアドバイスもご参照いただけます。

TravelDocの設定言語はフランス語です。言語を変更するには、ホームページ左下のドロップダウンメニューをご利用ください。

新型コロナウイルス検査に関する情報

渡航先国の当局より新型コロナウイルス検査の陰性証明書が義務付けられていますか?検査の種類(PCR、抗原、LAMPなど)、検査実施条件(試験室、薬局、医師など)、受け付けられる言語および有効期限について、TravelDocサイトで必ずご確認ください。

注:新型コロナウイルスのワクチンを接種済みの方でも、渡航先で新型コロナウイルス検査が義務づけられている場合は、検査を行う必要がありますのでご注意ください。
旅行するには、新型コロナウイルス検査を受ける必要がありますか?

空港への到着はお早めに

混雑緩和のために、パリ空港のご利用は、旅行者、未成年者の同伴者や介助を必要とする旅行者の同伴者に制限されています。
機内へ持参するもの
  • 複数枚のサージカルマスクマスク、機内では着用が常時義務付けられています
  • 使い捨てティッシュ
  • 除菌ジェル(<100 ml)
  • 機内で配布されたフォームに記入するための自分専用のペン

いつでも連絡

現在の状況においては、連絡を取り合うことが大切です。ご予約の際には、メールアドレスや電話番号などの連絡先を最新の状態に保つようにしてください。

À l'aéroport

空港にて

サージカルマスクの着用が義務付けられています

空港にご到着以降およびエールフランス航空の機内ではサージカルマスクの着用が常時義務付けられています。

ソーシャルディスタンス確保へのお願い

ソーシャルディスタンスをお願いするアナウンスや掲示、また、お並びいただく間隔を示した床面のマークの設置等を行っております。

カウンター・自動端末

チェックインカウンターにはプレキシガラス製の保護スクリーンを設置しております。端末と同様に定期的に消毒を実施しています。

ラウンジ

お食事の提供方法や当社サービスは変更されています。世界各国の保健衛生上の規制により、閉鎖されているラウンジもございます。

手指消毒剤の配備

各所に手指消毒剤を配備しております。ご自由にご使用ください。

非接触型体温計による検温

さらに、一部のエールフランス航空国際線のご出発前に体温測定を実施する場合がございます。

À BORD

機内

サージカルマスクの着用が義務付けられています

空港にご到着以降およびエールフランス航空の機内ではサージカルマスクの着用が常時義務付けられています。

3分おきの機内換気

  • エールフランス航空では、機内で循環する空気を清潔に保つため、全機材にHEPA(High Efficiency Particulate Air=高性能空気)フィルターを装備した粒子の99.9%を捕らえる手術室で使用されているものと同じ空気循環システムを採用しています。
  • こうして3分おきに機内換気を行っています。


毎日定期的に清掃および消毒を実施

  • カーペット、座席周りの清掃
  • お客様の手が触れる部分(テーブル, 肘掛け、座席モニター, コントローラー, トイレ等)を、指定された除菌剤で消毒することを徹底


衛生キット

衛生キット

長距離路線便の機内では、衛生キットが無料で配布されています。キットには、除菌用ウエットティッシュ、サージカルマスク、除菌ジェルが入っています。その他の便では、搭乗後すぐに使える除菌用ウエットティッシュをご用意しています。

機内

お客様の安全のために、すべてのキャビンにて弊社の機内サービスを適応して行っております。

機内換気のご案内

エールフランス航空では、機内で循環する空気を清潔に保つため、全機材にHEPA(High Efficiency Particulate Air=高性能空気)フィルターを装備した空気循環システムを採用しています。

このように客室内の空気は3分ごとに完全に入れ替えられます。HEPAフィルターは99.97%以上の細菌とウイルスを除去し、客室内の優れた空気の質と健康基準の遵守を実現します。

À L'ARRIVÉE

ご到着時

サージカルマスクの着用が義務付けられています

空港にご到着以降およびエールフランス航空の機内ではサージカルマスクの着用が常時義務付けられています。

機内アナウンス

飛行機から出る前にアナウンスがあるため、スムーズに降機でき、距離を確保することができます。

ソーシャルディスタンスの確保

ソーシャルディスタンスをお願いするアナウンスや掲示、また、お並びいただく間隔を示した床面のマークの設置等を行っております。

手指消毒剤の配備

各所に手指消毒剤を配備しております。ご自由にご使用ください。
トップに戻る