渡航・新型コロナウイルス:
みなさまの質問にお答えします


各国の入国、出国、乗り継ぎの条件はそれぞれ異なる場合があります。往路と復路のご旅行の条件をご確認ください。

衛生パス

衛生パスとは、紙あるいはデジタル形式のワクチン接種、新型コロナウイルスの陰性または陽性後の回復を証明するものです。

状況により、以下の証明が必要です:

ファイザー、モデルナ、アストラゼネカ/コビシールド、R-Pharm、Fiocruz製ワクチンは完全接種後7日以上、Janssen製ワクチンは接種後28日以上が経過した証明書;
あるいは
72時間以内の新型コロナウイルス検査の陰性証明(RT-PCR、抗原、医療関係者の監督下でのセルフ検査キット);
あるいは
回復の証明が記載された新型コロナウイルスRT-PCR検査あるいは抗原検査の陽性証明(11日以上6ヵ月以内)。

Cliquer pour replier le bloc
フランス国内線全便(海外県、コルシカ島除く)に衛生パスが必要です。
飛行機+列車でのご旅行をお予約のお客様は、列車乗車時にも衛生パスの提示が必要になりますのでご注意ください。
Cliquer pour replier le bloc
12歳以上のお客様は、以下の書類の提示が必要です:

あるいは
72時間以内のPCR検査の陰性証明あるいは48時間以内の抗原検査の陰性証明;
あるいは
回復の証明が記載された新型コロナウイルスRT-PCR検査あるいは抗原検査の陽性証明(11日以上6ヵ月以内)。

詳細は、コルシカ島の県庁ウェブサイトをご覧ください
Cliquer pour replier le bloc
フランス国内と海外県間をご旅行の場合、特別措置が適用になりますのでTravelDocでご確認ください。 TravelDocを見る
Cliquer pour replier le bloc
  • フランス国内で乗り継ぎをする場合は、衛生パスの提示が必要です。
  • 国際線への乗り継ぎの場合は、衛生パスの提示は必要ありません。その他ご旅行に必要な書類はTravelDocでご確認ください。.
Cliquer pour replier le bloc
コルシカ島を除くフランス国内便では、同伴者の有無に関わらず、未成年者は2021年9月30日(終日)まで衛生パスの提示は免除されています。
Cliquer pour replier le bloc
パリ シャルル・ド・ゴール空港およびオルリー空港へのご入場は、乗客、未成年者の同伴者、心身に障害のある方あるいは身体に不自由がある方の付添いに限られています。同伴者の衛生パスの提示は必要ありません。

その他の空港の入場条件は、各空港のウェブサイトをご参照ください。
Cliquer pour replier le bloc
EU圏外の国でワクチン接種したフランス国籍者は、欧州衛生パスを申請することができます。詳細は、France Diplomatieのウェブサイトをご参照ください。
Cliquer pour replier le bloc
EU圏外の国でワクチン接種を行ったフランス国籍以外の方が、欧州衛生パスの取得方法を知りたい場合は、France Diplomatieのウェブサイトをご参照ください。滞在を十分に楽しむには衛生パスが必要になります。
Cliquer pour replier le bloc

新型コロナウイルス(Covid-19)検査

新型コロナウイルス検査の有効期間は短く、国によっては出発または到着の数日前までとなっています。旅行前に検査を受ける時期については、TravelDocをご覧ください。
Cliquer pour replier le bloc
許可されている新型コロナウイルス検査の種類は国によって異なります。旅行前に実施すべき検査については、TravelDocをご覧ください。
Cliquer pour replier le bloc
コルシカ島に旅行される方は、状況に応じて以下を提示する必要があります:

- 「新型コロナ​ウイルスの症状がない旨の宣誓書」(こちらからまたはコルシカ島県のウェブサイトでダウンロードできます)
- 予防接種を受けていない場合、72時間以内のPCR検査または48時間以内の抗原検査の陰性証明書
- ファイザー、モデルナ、アストラゼネカのワクチンの場合は直近の接種から2週間以上、ジョンソン・エンド・ジョンソンのワクチンの場合は4週間以上経過している場合の接種証明書
- ファイザー、モデルナ、アストラゼネカのワクチンの初回接種のみを受けた場合は、ワクチン接種証明書と6ヶ月未満のコロナウイルス回復証明書

その他の国内線では検査は必要ありません。

また、フランス本土と海外県を行き来する際にも制限があります。詳しくはTravelDocをご覧ください。
Cliquer pour replier le bloc
一部の国では、デジタル形式または印刷形式の検査証明書を要求しており、その中にはQRコードが含まれている場合があります。この証明書は、検査機関から送られてきた書類と異なる場合があります。空港でどの書類を提示すればよいかは、TravelDocをごご覧ください。
Cliquer pour replier le bloc
英語での証明書を受け付ける国もあれば、公用語に翻訳した証明書を求める国もあります。詳しくはTravelDocをご覧ください
Cliquer pour replier le bloc
一部の国では、入国の際に直近の新型コロナウイルス検査の陰性証明が求められます。検査結果がご旅行に間に合わない場合は、ご出発前にご連絡ください。ご旅行を手数料なしで最大4日間延長することができます。
Cliquer pour replier le bloc
ほとんどの国では、入国する際に新型コロナウイルスの陰性証明書が義務付けられています。詳しくはTravelDocをご覧ください。
Cliquer pour replier le bloc
スカイチーム・アライアンス・マップでお近くの検査機関または目的地で検査機関を検索するか、パリ・シャルル・ド・ゴール空港およびパリ・オルリー空港の検査機関でご予約ください。
Cliquer pour replier le bloc

新型コロナウイルス(Covid-19)

ワクチンを接種した旅行者に対して、到着時の検疫を免除する国もあります。これが適用されるかどうかは、TravelDocをご確認ください。有効期限、使用可能なワクチンの種類、使用可能なワクチンの種類、最後の注射から入国までの最短期間などを忘れずに確認してください
Cliquer pour replier le bloc
ワクチンを接種した旅行者に対して、到着時の検疫を免除する国もあります。これが適用されるかどうかは、TravelDocをご確認ください。有効期限、使用可能なワクチンの種類、最後の注射から入国までの最短期間などを忘れずに確認してください
Cliquer pour replier le bloc
使用可能なワクチンは国によって異なり、有効期限や最後の注射から入国までの最短期間も異なります。また、一部の国では、ワクチンを接種した旅行者に対しても、すべての旅行者に新型コロナウイルスの陰性証明書を求めたり、到着後の検疫を義務付けています。詳しくはTravelDocをご覧ください。
Cliquer pour replier le bloc

渡航条件

一部の国では、リスクの高い国からの旅行者や、一定の渡航条件を満たさない旅行者に対して検疫を行っています。検疫を受ける必要があるかどうか、またその方法については、TravelDocをご覧ください。
Cliquer pour replier le bloc
検疫の期間や条件は、国によって異なります。必須または推奨される場合があり、希望の住所または地元当局が承認したホテルで行われ、解除されるには、1回または複数の新型コロナウイルス検査が必要となります。詳しくはTraveldocをご覧ください。


注:検疫費用は旅行者の負担となります。
Cliquer pour replier le bloc

最新情報

TravelDocサイトでは、世界中の渡航事情に関する最新の情報を提供しています。
ただし、フランス国内線については、TravelDocに掲載されていない情報もあります。コルシカ島を含むフランス本土を旅行する場合は、フランス内務省のウェブサイトをご確認ください。
Cliquer pour replier le bloc
トップに戻る