健康とウェルネス

エールフランス航空便でお客様をお迎えすることは、第一にお客様のお世話をさせていただくことです! 弊社の健康とウェルネスに関するアドバイスで、 安心してご旅行ください。 本文は主治医の所見に代わるものではありません。

お客様の健康

予防接種

ゆったりとした気分でのご旅行には、予防接種をご確認ください。 一部の地域では絶滅していても 、他の地域ではまだはびこっている病気からお客様を保護するものです。

弊社の 予防接種に関するガイドを 覧になり、目的地に義務とされる予防接種を把握しましょう。 複数の注射を必要とするものもあります。お早めにご計画を!
予防接種に関する連絡先(フランス)

エールフランス航空国際予防接種センター

38 quai de Jemmapes
75010 Paris
電話番号 : +33 (0)1 43 17 22 00
開館時間 : 月~金曜 8時45分~18時、土曜 8時45分~16時
事前予約あり・なし
パリ・シャルル・ド・ゴール空港内 エールフランス航空予防接種センター
3 place de Londres
Bâtiment(ビル名) Uranus
95747 Tremblay-en-France
電話番号 : +33 (0)1 48 64 98 03
Eメール:mail.cema@airfrance.fr
開館時間 : 月~金曜 13時30分~16時
事前予約が必要。

黄熱病の予防接種
黄熱病の感染リスクのある地域においでですか? ご出発の少なくとも10日前に、所定の予防接種センターで予防接種を受けてください。
予防接種に関する連絡先(フランス国外)

予防接種センターの検索には、WHO(世界保健機関)の公式サイトのリストをご覧ください。
Cliquer pour replier le bloc

妊婦および乳児

妊娠中のお客様 お客様のご体調を考慮して、妊娠37 週目以降および出産後7日間のご旅行はお控えいただくよう、お勧めいたします。

ご注意: 妊娠中の飛行機のご利用に医師の診断書は必ずしも必要ではありません。 しかしながら、ご旅行前に主治医にご相談いただくことを強くお勧めいたします。
  • お子様に快適なご旅行をしていただくために、ミルク(飛行中は多めに飲む必要があります)、普段のお食事、必要なだけの替えオムツ(紙オムツ、布オムツなど)をお持ちいただき、 乳児には心地良く暖かい服装(セーターおよび靴下)を心がけてください。

  • 離陸時および着陸時にお子様が耳の鼓膜に不快感をおぼえるのを避けるため、おしゃぶり、哺乳瓶、またはビスケットをご用意ください。

  • お子様が治療中、または乗り物酔いのある場合 本人の健康手帳およびお薬をお忘れにならないように。 乳児の体調を考慮し、風邪をひいている場合はご旅行をお控えいただくようお勧めいたします。
Cliquer pour replier le bloc

医療機器の取り扱い

弊社ではご旅行が最良の状況で実現できるようすべてを取り計らっております。 以下の場合には主治医にご相談いただくことをお勧めいたします:
  • 治療中の方、
  • 慢性疾患のある方、
  • 最近入院された方、または手術を受けられた方、
  • 静脈不全のある方。

治療薬や医療機器がある場合の旅行方法

歩行困難および他の障害
航空券のご予約、空港でのご同伴、手荷物のお引き受け、機内での特定の装備など、エールフランス航空では障害のあるお客さままたは歩行が困難なお客さまのニーズに合った一連のサービスを提供しています。

アレルギーおよび適応食

アレルギーをお持ちの場合、主治医にご相談の上、治療薬を処方していただくことをお勧めいたします。

お薬をお手元に携行されるには、処方箋とともに機内持込手荷物中に入れてください。

ご注意:一部の便ではアレルゲンフリーの適応食のご注文が可能です。

詳細は、国際航空運送協会(IATA)のガイドをご覧ください。
お客様は医療上の理由により食事療法を行っていますか? 当社の大半の便では以下のお食事の中からご注文いただけます:

  • 一部の心臓、腎臓、内分泌疾患をお持ちのお客様の食事療法に対応する、塩分の少ないお食事、
  • 糖分、塩分、脂肪分が糖尿病のお客様に適応したお食事、
  • グルテンフリーのお食事、
  • ソースのない治療食、
  • アレルゲンフリーのお食事*。

ご注意:ヨーロッパおよびフランスの海外県からご出発の際にお出しする機内食に含まれるアレルゲン情報は、機内にて客室乗務員より情報提供させていただきます。

* このお食事は以下の食品もその副産物も含んでいません: 穀物、甲殻類、卵、魚類、落花生、大豆、牛乳、ナッツ類(アーモンド、クルミ、ヘーゼルナッツ)、セロリ、マスタード、ゴマ、10mg/kg を超える濃度の二酸化硫黄および亜硫酸塩、ルピナス、軟体動物。
Cliquer pour replier le bloc

実用的アドバイス

お客様のウェルネスに対する弊社のアドバイス

トップに戻る