呼吸障害

呼吸障害をお持ちのお客さまは、機内でさまざまな方式で酸素をご利用いただけます。

エールフランス航空から提供される治療用酸素

エールフランス航空は、お客さまのために機内に治療用の酸素をご用意しております。このサービスは有料で、少なくともご出発の48時間前にご予約とともに必ずリクエストをしていただくようお願いします。

ご注意:このサービスは乗り継ぎ便やフライトによってはご利用できないことがあります。お問い合わせは、 サフィール(SAPHIR)サービス まで。

ほとんどの場合、飛行機によるご旅行のために特別に研究された携帯キット(Wenoll WS120)が提供されます。このシステムは連続的に酸素を提供するのではなく、必要に応じての酸素提供になります。機材の見かけ量は小さく(600 litres) 、長距離便のフライト中、安全に酸素をご提供できます。キットは飛行機の機上でのみご利用が可能です。

必要となる酸素量が1分間2,8リットルを上回らなければ、Wenoll WS120をご利用にされるに当たって診断書は必要ありません。必要となる酸素量が1分間2リットルを上回る場合においては、別の機器を提供させていただく可能性があります。その場合は医師による診断書が必要となります。

呼吸装置の使用

弊社では「携帯型酸素濃縮器」として個人呼吸装置のご利用をお勧めいたします。

これらの装置はフライト中ずっとご利用いただけます。しかしながら、エールフランス航空の飛行機においては、機内で呼吸装置をご使用いただける電源コンセントが装備されておりません。従いまして、お客さまご自身がご自身の呼吸装置の電源の持続時間を確認し、必要に応じて予備のバッテリーをご持参されることをお勧めいたします。

ご注意:機上でご使用できるリチウム電池の数は限定されております。詳細はご予約の際にお問い合わせください。

このタイプの呼吸装置をご利用になる場合はご出発の48時間前までにご連絡をお願いいたします。

機上での呼吸装置用の電源

エールフランス航空の長距離線機材(エアバス A330、A340、A380 、ボーイング 747 、777)のLa Première/ラ・プルミエール、Business/ビジネス、 Premium Economy/プレミアム・エコノミーの各クラスの座席には、 認可された呼吸装置をご利用いただける電気コンセントが装備されています。しかしながら、エールフランス航空の全機体が機上で呼吸装置をご利用いただける電気コンセントを装備しているわけではありません。

電気コンセントは滑走中および離陸時と着陸時にはご利用いただくことはできません。また、フライトの状況によって必要なときには、乗務員によっていつでも電源を切ることがございます。

認可呼吸装置の接続をご希望される場合、合計電力がコンセントの使用可能な最大消費電力である75Wを超えないことをご確認くださるようお願いいたします。電力が75Wを超える場合、自動的に電源が断絶されます。

いずれにしても、電源が断絶される期間に呼吸装置をご使用できるようにバッテリーをご持参ください。

ご注意 : エールフランス航空の全機体が機上で呼吸装置をご利用いただける電気コンセントを装備しているわけではありません。出発前にお問い合わせください。 弊社の機内に装備された電気コンセントは、差し込んだ電気機器の電源を維持しますが、いずれの場合も充電することはできません。

いずれの場合も、事前に弊社のサフィール(SAPHIR)サービス、予約窓口、あるいは旅行代理店にお問い合わせください。

個人用酸素ボンベ

エールフランス航空のフライトにおける個人使用のための酸素(気体)ボンベの客室への持ち込みは以下の条件のもとで許可いたします。
  • 最大高さ65 cm
  • 重さ5 kg以下
  • 内容物が放出しないように安全システムを完備していること
重要
  • 個人的な酸素ボンベの機内でのご使用、および受託手荷物としての輸送は禁じられております。
  • 空港によっては、セキュリティチェックの際に問題になる場合がございますのでご注意ください。
  • 個人的な酸素ボンベを輸送される場合、ご出発の少なくとも48時間前までに弊社に必ずご連絡願います。
トップに戻る