感覚障害

視覚障害

お客さまの視覚障害の度合いに関わらず、エールフランス航空はお客さまが最も安全で快適なご旅行ができるようお手伝いに最善を尽くします。

空港で

aide à l'aéroport
お一人でご旅行の場合、以下のお手伝いをご利用いただけます。
  • チェックイン
  • 飛行機へのアクセス時
  • 飛行機から降りられる時とお荷物受け取りの際

お乗り継ぎの際も次のフライトへ移動される際にお手伝いをご利用いただけます。

ご注意:ご出発の少なくとも48時間前までにご予約とサービスご利用のリクエストをされるようお願いいたします。

機内で

handicap visuel à bord
ご搭乗されてから、客室乗務員が着席や、お座席の位置(出入り口や非常口、お手洗い等への距離)や乗務員呼び出し用のボタン、娯楽システムのボタンの位置、酸素マスクの位置や使い方等お座席周りの情報をご案内いたします。
ご希望があれば、室乗務員が個別に安全指示のご説明にあがります。全てのエールフランス航空の飛行機では安全指示のご案内は点字で書かれています。客室乗務員にお尋ねください。

最新の飛行機には役立つ情報(座席番号、お手洗い内の表示等)が点字で表示されています。 

長距離線では、機内安全ビデオや特定の情報、機内娯楽番組を目のご不自由なお客さま向けにフランス語と英語の高コントラストの字幕付きで提供しております。また、機内プログラムは常にオーディオブックをご用意いたしております。

お食事の際には、ご希望があれば客室乗務員がお客さまのトレーの上にあるお食事の内容をご説明いたします。

加えて、客室乗務員がお手洗いをご利用の際にお手洗いまでのご案内をお手伝いいたします。ただし、お手洗い内でのお手伝いは致しかねます。

盲導犬

chien guide
エールフランス航空では、お客様がお連れになる盲導犬の輸送を無料で行っております。盲導犬の受け入れ輸送条件は以下のとおりです。
  • 発着、乗り継ぎ国での衛生要件をすべて満たすこと
  • タグやハーネスによって盲導犬と識別できること。それがない場合は、盲導犬であることを証明できること
  • 口輪なしで旅行ができること
  • 常に手綱を着用していること
  • 機内の通路をふさがないこと
  • どんな状況下でも行儀の良いこと
  • お客さまには可能な限りのスペースをご用意させていただきますが、お客さまのお連れになる盲導犬は座席を占領せず、非常口近くのスペースを占領しないこと

8時間以上のフライトでは、とくに盲導犬のトイレ等衛生上のニーズに対する準備ができているかを実証するようお願いする場合がございます。

盲導犬の輸送の条件に関する詳細情報は、 ペット・動物 の項目をご覧ください。
重要
盲導犬をお連れになる場合、少なくともご出発の48時間前には、その旨をお知らせくださるようお願いいたします。

聴覚障害

お手伝いが必要な際はご遠慮なくお申し付けください。その場合は、お客さまが必要なお手伝いがご提供できるよう、少なくともご出発の48時間前までにご連絡ください。

エールフランス航空のスタッフとのコミュニケーションを容易にするため、一部の空港(とくにチェックインカウンター)や販売代理店において、磁気ループを設置しております。

エールフランス航空の客室乗務員は、難聴のお客さまや聴覚障害をお持ちのお客さまとのコミュニケーションをとるよう訓練をされております。客室乗務員のお手伝いが必要な場合、ご遠慮なくお申し付けください。客室乗務員の中にはフランスの手話(LSF)ができる者もおります。

長距離/カリブ海/インド洋路線のフライトでは、個人用スクリーンで英語字幕付き*の映画プログラムをご覧いただけます。

* 字幕なしの英語の映画を除く

トップに戻る